路面凍結

路面凍結

路面凍結のノーマルタイヤにはチェーンが効果的な理由とは?

路面凍結時にノーマルタイヤで走行することは、とても大きなリスクを伴いますから、タイヤチェーンを装着することが大切です。タイヤチェーンには、金属製と非金属製(ゴム製)のものがありますが、一長一短ですので、軽い凍結時には非金属製(ゴム製)、大雪の場合は金属製といったように使い分けると良いでしょう。
路面凍結

路面凍結となる条件って何?気象条件や路面温度がポイント?

路面凍結となる条件には、気温や場所などがありますが、路面が濡れていることが、絶対条件となります。通勤やレジャーなどでバイクや自動車を使用する場合、路面が凍結していると、バランスを失いスリップしやすくなります。何より路面凍結の条件を理解し、気象条件や路面温度を予測して適切な対策を講じることが、安全運転につながるのです。
路面凍結

路面凍結でスタッドレスなしで走行するには?注意すべきがココ!

路面凍結時にスタッドレスなしで自動車を運転するには、スリップしないよう速度と急ブレーキ、車間距離に細心の注意が必要です。原則、路面凍結時に自動車を運転することは大きなリスクを伴いますので回避すべきです。概ね5℃前後であれば、スタッドレスもしくはタイヤチェーンを持参するなどの対策を講じておくと安心です。
路面凍結

路面凍結を溶かす方法はコレ!溶けるのを待つよりも簡単!

路面凍結の溶かし方で、最も有効なのは、融雪剤を散布することです。しかしながら、融雪剤のほかにも、塩や土、炭を撒く方法やポリ袋に雪を入れる方法などを理解しておくと、いざという時に慌てません。路面凍結の溶かし方には融雪剤の散布の他にも、いくつかの方法があります。その代表的な溶かし方が、塩を撒くことです。
路面凍結

路面凍結の運転方法!スタッドレスとチェーンのどちらを選ぶのが正解?

路面凍結時にはスリップさせない運転を心がける事が大事になります。「急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキ」と急のつく動作は絶対にするべきではありません。これは路面凍結の運転方法として走行する際の基本になります。スタッドレスは性能も安定していますが、耐用年数が短く高価です。チェーンは、振動や音も大きいのがデメリットです。
タイトルとURLをコピーしました