浅草製麺所のメニューの中でつけ麺がオススメな理由とは?

グルメ
スポンサードリンク

浅草製麺所と言えばつけ麺で有名なお店です。
有名ですが行った行った事はなく、一部でまずいのか?という
意見もありましたので、気になったので、調査すべく
行ってみることにしました。

 

浅草製麺所の場所と行き方!

浅草製麺所は銀座線浅草駅から徒歩10分程度の所にあります。
浅草駅を降りるとメイン通りが馬道通りのいうのですが、
その道を、蔵前方面ではなくて三ノ輪方面に歩いていきます。

 

しばらく歩くと言問通りという大通りにぶつかります。
その交差点から右側を見ると浅草製麺所のお店があります。

 

看板は比較的大きいですし、大通り沿いにありますので、
場所を見つけるのには比較的簡単なのかなと思います。

 

 

しかしながら駅からの距離はまあまあありますので、
寒い冬や暑い夏などは、少し大変かもしれません。

 

浅草製麺所はどんなお店?

浅草製麺所は何と言っても売りはお店で麺を製麺している
所が売りなのではないでしょうか?

 

ほとんどのお店は製麺所に麺を注文して、お店に持ってきて
もらってお店で調理するのがほとんどですが、浅草製麺所は
お店で製麺しているので、麺のこだわりが他店と大きく違うところが
ポイントですね。

 

夕方6時半頃にお店に入ってみると、右側がカウンター席に
左側がテーブル席とバランスよく座席が配置されていて、
1人でも入りやすいですし、グループや家族と行っても問題ないような
レイアウトになっています。

 

メニューもラーメンやつけ麺だけではなくてサイドメニューが
とても豊富なので、いろんな料理が楽しめる感じです。
連れと一緒にテーブル席に案内されましたが、お店は2人で
切り盛りしていてかなり忙しそうです。

 

浅草製麺所の料理はどんな感じ?

注文したのは坦々つけめんの白で大盛りです。
ここのお店は麺の種類が選べて、唐辛子を練りこんだ赤麺、
明日葉を練りこんだ緑麺、そして通常の白麺と選べます。

 

まずはオーソドックスにという事で白麺を注文しました。
又麺の量もプラス110円で大盛りにできます。

 

並みが300グラム、中が450グラム、大盛りが600グラムと
かなり多く感じますが、そこまで多く感じなかったですね。
コンディションが良かったのでしょうか?(笑)

 

実際の坦々つけ麺の味ですが、つけ汁はかなり濃厚でとろみが
あります。

クリーミーなスープという感じで辛さなどは一切ありません。
もし辛さを求めるなら、赤麺を注文するのもいいですし、
卓上にある調味料で調整するのがいいでしょう。

 

実際の麺でありますが、麺自体に特に風味は感じませんが、
つるっとしているのに、もちっとした食感がある食べ応えの
ある麺です。

 

つけ汁がかなりドロっとしている分、麺がからみやすいので、
相性としては合格点です。
つけ麺としては比較的オーソドックスな部類に入るのでは
ないでしょうか!

 

浅草製麺所に難点はあるの?

今回はつけ麺をいただきましたが、連れが食べていた
ラーメンをちょっと覗きこみました。
麺はつけ麺と同じものを使用しているのか、あまり
ラーメンに合っているような感じはしませんでした。

 

パッと見、太麺でのど越しが良い感じの麺なので、
もしかしたらさっぱりとしたスープには
合っていないのかも知れません。

 

しかしトッピングはチャーシュー2枚、メンマ、刻み青ネギ、
海苔に魚粉とかなりバランスよく配置されています。

 

現状のラーメンは麺も柔らかそうな感じがしたので
オーダーするならつけ麺で間違いなかったです。
頼んだ坦々つけ麺は美味しかったので、次回訪問する時も
ラーメン系ではなくてつけ麺系で行こうかと思います。

 

<<まとめ>>

つけ麺はとても美味しくいただきました。
カウンター席の上にあるメニューのポップがラーメン店に
してはかなり派手な方で、店外の外観と店内が別空間の
様にも感じました。

 

サイドメニューも非常に豊富ですし、
つけ汁と麺の相性は良いと思いますので、
次回もありかなと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました