亀戸餃子大島店のメニューって餃子だけじゃないの?本店との違いは?

グルメ
スポンサードリンク

亀戸餃子と言えば亀戸本店が有名なのですが、
実は錦糸町や大島などにも店舗が存在するのです。

 

そんな亀戸餃子は美味しいと口コミで評判ですが、
一部では本店と違って餃子だけではなくて他の
メニューもあるのでは?
という意見がありましたので、気になったので実際に
亀戸餃子大島店に行って調査してみる事にしました。

 

亀戸餃子大島店の場所と行き方!

都営新宿線大島駅から徒歩3分のところにあります。
駅を降りて西大島方面に歩いていくと看板があり、
新大橋通りに面していますので比較的
すぐにわかると思います。

 

ちなみにお店自体に駐車場はありませんので、
新大橋通りのコインパーキングに停める事が
できます。

 

亀戸餃子大島店はどんなお店?

亀戸餃子大島点が本店と大きく違うのは、本店は
餃子のみのストロングスタイルですが、大島店は
麺類やチャーハン、レバニラなど他のメニューも
ある所なんです。

 

なので少し中華屋さんの雰囲気もあるので、
ここが決定的な違いになりますし、本店は必ず
1人2皿を注文しなければいけませんが、大島店は
その縛りもありません。

 

お店に入ると右側がカウンター席、左側テーブル席と
バランスよく配置されていて、1人でも行きやすいですし、
家族やグループでも入りやすい感じです。

スポンサードリンク

本店は常にお店の外に人が並んでいますが、大島店は
そんな事はありませんでした。
もしかしたら穴場かも知れませんね。

 

せっかく餃子以外にもメニューがあるので、チャーハンと
レバニラと餃子を注文しました。
餃子は本店から持ってくるので、中身の具とかは一緒なので
豚肉とキャベツのさっぱりした餃子です。

 

水っぽさがなくキャベツはしっかり水を
切っているので、さすがの味ですね。
焼き加減も固すぎず、柔らかすぎずで絶妙な感じで
提供されます。

 

補足ですが、亀戸餃子推奨の食べ方というのがあって
醤油、酢、ラー油に練りからしを入れて食べると
いうものです。

 

練りからしを入れて餃子を食べるのは初めてでしたが、
これまた相性抜群。
正直いくらでも食べられる美味しい餃子です。

 

焼き加減は本店、大島店、錦糸町店でそれぞれ焼く人が
違いますので、微妙な差はあるかもしれません。

 

そしてレバニラです。
この大島店のレバニラはすごく美味しいです。
レバーがしっとりしていて何とも言えない食感です。
注文して食べている人が多いのも頷けます。

 

チャーハンですが、チャーハンと言えばパラパラの
チャーハンが美味しいというイメージがありますが、
この大島店のチャーハンはしっとりチャーハンです。

 

しっとりと言うとベトベトしていると思いがち
ですが、べとべと感はなくてしっとり美味しく
出来上がっています。

 

チャーハンはやっぱりしっとりが美味いと言って
しまう程、完成度の高いチャーハンです。

 

亀戸餃子大島店に難点はあるの?

正直どこかウイークポイントがあるかなと思って
いましたが、店内、料理共にかなり満足度が高く、
ウイークポイントは全く見つかりませんでした。

 

亀戸餃子って餃子だけしか食べれないの?その噂の真実とは?!
亀戸餃子では1人2皿は食べてねというスタイルなので、席に座ったとたんに餃子が出てきます。お店に入ってすぐ左側でひたすら餃子を焼いていますので、餃子待ちって事はほぼありません。1皿に5個入っていますので簡単に食べる事ができてしまいます。その食べ終わるのを店員さんが見計らって次の皿を出してくれるんです。

まとめ

今回初めて亀戸餃子大島店に行きましたが、
亀戸本店はどことなく店内がピりっとした印象が
ありますが、大島店はどちらかと言えばアットホーム
雰囲気のあるお店です。

 

餃子の安定感は変わらずで、具材は野菜が多めで
肉汁は控えめのさっぱりした感じでどんどん
食べられてしまう安定感のある餃子。

 

そして餃子のみならず他のメニューもとても充実
していて他のメニューも味わってみたいという人には
オススメできますね。

 

好みにもよりますが、個人的にはお店の中の雰囲気と
メニューの多彩さがあるので、亀戸本店よりも
大島店の方が気に入ってしまいました。

 

正直変な中華屋さんに入るならば価格も安くこれだけ
美味しいお店に入らない理由がないとさえ感じさせて
しまうクオリティーの高さでした。

 

完全にリピ決定です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました