横浜クルーズの14日間滞留の費用負担は?感染率はどのくらいになる?

事件
スポンサードリンク

横浜港沖に停泊中の豪華客船
「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客の
中で2月5日に10人が新型コロナウイルスの感染が
確認されました!!

 

その後神奈川県内の医療機関へ搬送されたと
厚労省が発表をしています。

 

残りの乗客乗員についても健康状態を
確認しないといけないので、
厚労省はウイルスの潜伏期間が過ぎる
14日間程、船内に滞留してもらう事を
決定しています。

 

この記事では
①14日間滞留の費用負担は?
②感染率はどのくらいになる?

について書いていきます。

 

14日間滞留の費用負担はどうなる?

 

今回の豪華客船ダイヤモンド・プリンセスは
「初春の東南アジア大航海16日間」という企画で
出航中の間にコロナウイルス事件に巻き込まれました。

 

1月20日に横浜を出港、22日鹿児島、25日香港、
27日ベトナム・チャンメイ(ダナン/フエ)、
28日ベトナム・カイラン、31日台湾・基隆、
2月1日那覇、4日午前に横浜に帰港する
スケジューリングだったのです。

 

16日間の旅ですので当然費用は安くありません。
調査しましたら

1人あたりの旅行代金は25万円~138万2000円だという。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/diamond-princess_jp_5e3a3302c5b6b5fb4389ce6b

 

この金額だけでもなかなかの金額なのに
さらに14日間の費用は約当初支払った
金額の倍になります。

 

そして今回の件は乗客が悪い訳ではなく、
政府の要請ですので、国が14日間の滞留分の
負担をするというのが普通の考えだと
思います。

 

それにしてもいくら豪華客船と言えど
さらに14日間船の中にいるのはストレスが
溜まるでしょうね。

 

当然乗客の中には年配の方もいると
思いますので、心のケアをしていただき
たいですね!

【追記】

ダイヤモンドクルーズ船の乗客は旅行代金が
全額払い戻しになり、無料になった様です。
検疫下に置かれた待機期間中の費用も請求されないとの事。

クルーズの旅行代金だけでなく、クルーズ前後の航空費やホテル宿泊費、送迎料金、
オプションの寄港地での観光ツアーなども含め、今回の旅行で乗客が支払った全ての
代金を全額を払い戻すとした。
検疫下に置かれた待機期間中の費用も請求しないとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000541-san-hlth

 

状況が異常なだけにこのような発表があるだけでも
乗客の方は安心できますね!

スポンサードリンク

感染率はどれくらいになるのか予想!

昨日の船内の映像を拝見する限りは
マスクしている人はほぼいない様子でした。
普通に船内を行き来している感じです。

 

さすがに高い確率で陽性反応が出た
今は部屋待機になってますけど、
もう感染拡大していると考えて
間違いないのかなーと思います!

 

一般的に感染率2%と言っていましたが、
閉鎖された船内という事を含めて
考慮すると5%位はあるのでは・・・。

 

そして乗員乗客4000名弱いるんで、
200人程度は感染する可能性があるのでは・・

 

そう考えると怖いですね!

 

そして船内でコロナウイルスに感染したという
この10人は検査が終了した31検体分の10という事。
つまり約3分の1が陽性という驚異的な数字になります。

 

結果待ちを加えると、さらに増えることは確実・・
という風に考えても何らおかしくありません!
日本は中国に次ぐ2位の感染者数に
なってしまいました。

 

横浜・クルーズ船新型コロナウイルス感染者の入院先の病院はどこ?
大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」というクルーズ船で乗客に新型コロナウイルス感染者が出たとの事で乗客乗員は約3700人で、約10人の乗船者に感染が確認されたとの情報です。この記事では横浜・クルーズ船ウイルス感染者がどこの病院に入院されているのか調べてみました!

まとめ

この記事では
①14日間滞留の費用負担は?
②感染率はどのくらいになる?

について書いてきました!

 

31の検査結果しかでていない中での
10人という非常に大きな数字になります!

 

どのような順番で検査結果が
でてきているのかは不明ですが
この割合での感染者の増加がない事を
祈るばかりですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました