飯塚脩人(習志野)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!

人物
スポンサードリンク

こんにちは!!

習志野高校が夏の甲子園に帰ってきます。

 

春の選抜で準優勝して夏の大会も
木更津総合などの強豪を撃破して、
強さを発揮しました。

 

立役者はやはりエースとして活躍した
飯塚脩人投手がその1人ですね。

 

そんな飯塚脩人投手が一体どんな
選手なのかとても気になって
しまいましたので調査してみる事に
しました。

 

8月14日の甲子園2回戦では山形の鶴岡東高校戦で
リリーフしましたが、打たれてしまいました。
大学に進学したら野球を続けたいと話しているので、
進路先としては大学進学が有力ですね!
今後の進路に注目ですね!

 

プロフィール

大久保フロッグス(小学生時)
習志野市立第二中学校(軟式野球部)
習志野市立習志野高校

 

小学生の時に大久保フロッグスで
野球を開始。
習志野市立第二中学校で軟式野球部に所属。
中学校時代は控え投手兼外野手

 

習志野高校へ進学すると、徐々に頭角を
現してきて1年生秋からベンチ入り。
2年生時の春の関東大会では日大三高戦で
先発。

 

夏の選手権大会予選で、3試合で
16奪三振を記録。
秋にはエースとして県大会準優勝、
関東大会出場に貢献。

 

2019年春の選抜ではリリーフとして躍動。
星稜高校などの強豪を撃破して決勝まで
勝ち進みましたが惜しくも敗戦。

 

2019年夏の大会も安定したピッチングで
チームを甲子園に導きました。

 

球速は?

高校入学当時は120キロ台でしたが、
球速はグングンアップして、3年生の
夏の千葉大会予選でMAX152キロを記録
しています。

 

春の選抜時は決勝で148キロを自己記録を
更新していましたが、さらにこの短期間で
4キロも球速アップしました。
成長度合いが凄くてビックリですね!

スポンサードリンク

球種は?

MAX152kmの直球が一番の武器。
力みのない投球フォームから投げるストレートは
回転数が多く、打者のひざ元に決まった時の
ストレートは抜群。

 

125キロのスライダー
100キロ台のカーブ
フォーク
チェンジアップ

 

球種も豊富で緩急を交えた投球も特徴の
1つです。

 

投球スタイルとしてはコントロールを重視して
135キロ前後の直球でカウントを取っていき、
ピンチや三振を取れる場面では一段、
二段ギアを上げて、快速球や変化球を投げ込む
スタイルです。

 

ギアの入れ替えがしっかりあるので
バッターも打ちづらいですし、守って
いる野手も安心して守っていられますね。

 

投球フォームは?

真上から投げ下ろす投げ方ではなくて
少し腕を下げたスリークォーター。

 

脱力がしっかりできていて
柔らかい腕の振りから放たれる直球は
回転数があって質の良いボールです。

 

常時140キロ台を出せるのは大きな
強みですね。

 

ドラフト評価は?

中日・米村明チーフスカウト
「プロでも先発、リリーフ両方できるタイプ。
ボールの質がいい。ベース板の上が速く、
バッターは差し込まれてしまいます」

 

在阪球団スカウト
「力強い速球が武器。
2年時は立ち上がりが不安定だったが、
安定感が出てきた。

体はもともと181センチと大きい。
フォームがスリークオーター気味で
好みが分かれるところだが、
今後の伸びしろを感じさせる。

サイン盗み疑惑でチームが揺れ、
準々決勝では打球が左ヒザを直撃する
アクシデントがあったが、
タフな精神力も魅力。

夏の成長次第では上位指名もある」

 

甲子園での活躍次第になると思いますが、うまくいけば
高卒からプロ入り可能性もあるかと思います。

1学年先輩に古谷拓郎さんが2018年千葉ロッテにドラフト
6位で指名されていますので、タイプは違えど続いて
欲しいですね。

土屋大和(関東一)球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
土屋大和投手は中学時代に江戸川区にある軟式野球の上一色中学の軟式野球部で中学3年生の時に全国準優勝しています。なので野球に詳しい人は知っている人なんです。その時に優勝したのが現在星稜高校で大活躍中の奥川 恭伸-山瀬 慎之助のバッテリーがいたかほく市立宇ノ気中学校だからです。これだけで土屋大和投手の実力がわかりますね。

まとめ

いかがでしたか?

飯塚脩人投手の

・プロフィール
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト評価

について書いてきました。

 

飯塚脩人投手は軟式野球出身とは
思えない程に力強い投球をします。
本人の努力と小林監督の育て方が
素晴らしいんでしょうね。

 

一言で言うと成長度合いが凄い早い
選手と言えるのではないでしょうか。

 

球速も入学当初より順調にスピード
アップしていますし、厳しい試合でも
しっかり投げ切れるメンタルの強さも
持ち合わせています。

 

どりらかというと洗練されたイメージと
いうよりは、荒々しい感じのタフな
投手という感じです。

 

飯塚脩人投手の活躍次第では
春のセンバツと同様に良い成績を
残せると思いますので2019年の夏も
良いピッチングを見せて欲しいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました