池田陽佑(智弁和歌山)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!

人物
スポンサードリンク

こんにちは!!

 

智弁和歌山高校はしっかり夏の
和歌山県予選を勝ち抜いて2019年
甲子園に出場します。

 

春の選抜にも出場しましたが、
春夏連続出場の原動力になった
立役者の一人としてエースの
池田陽佑投手の存在は欠かせません。

 

そんな春夏連続出場に導いた
池田陽佑投手が一体どんな投手なのか
とても気になってしまいましたので
いろいろと調査してみる事にしました!!

 

プロフィール!

出身 京都府宇治市
ポジション:投手投打:右/右
身長:183cm体重:84kg
野球のきっかけ 宇治市立神明小学校時代に
神明スポーツ少年団で始める。
ポジション 当時から肩が強く捕手としてプレー。

小学校の時には投手としての経験はほぼ
無いようですので、珍しいですね。

 

中学時は京都ブラックスでプレー。

 

投手を始めたのは中学1年生の冬前で当時は
そんなに乗り気ではなかったようです。
中学生の時は守備の方が好きだったとの事です。

 

しかし本来のセンスも手伝ってか、
中学3年生の時には135キロのスピードボール
投げるようになっています。

 

主戦投手として全国大会出場に導いて
いますし、順調に成長していた様です。

 

球速は?

現在のMAXは149キロ。

智弁和歌山高校入学後も順調に成長
してきていますが、特筆すべきは
2019年春の選抜後の成長でしょう。

 

春の選抜の時の球速は140キロを計測する
ボールはごくわずか。
常時135キロから130キロ後半でした。

 

しかし2ヶ月後の5月下旬の試合では
常時140キロ~146キロを計測していて
平均球速が5キロもアップしています。

 

平均球速が5キロもアップしているのは
とても同じ人とは思えません(笑)
それだけ成長が著しいって事なんだと
思います。

 

コンスタントに140キロ台を連発できるのは
高校生レベルではトップクラスですね。

 

しかも平均球速が140キロを超えているのは
プロ野球の先発レベルと変わりありませんから
ドラフト候補と呼ばれるのも自然な事だと
思います。

スポンサードリンク

なぜ球速が上がったのか?

やはり身体がしっかりできてきたのが
主な要因でしょうね。

1年生時は身長180センチ体重76キロでしたが、
現在は身長183センチ84キロと身体のサイズが
スケールアップしています。

 

サイズを見ても投手らしいバランスの取れた
身体になっていますね。

 

球種は?

平均球速140キロ台のスピードボールと
125キロ前後のスライダー、125キロ前後の
フォークを投げ分けてきます。

 

スピードボールだけでなく変化球の精度も
高いので打者としては非常に打ちにくいですね。

 

投球フォームは?

軸足にしっかりタメを作ってから
打者になげていき、腕のしなりが
良いのも大きな特徴です。

 

中谷監督が元プロ野球選手で捕手を
していた事もあり、投球フォームに
迷いが生じた時は中谷監督から的確な
アドバイスがあって現在のフォームに
行きついた様です。

 

投手で投球フォームを変えていくのは
勇気がいる事ですが、監督と選手の
信頼関係があるのがこういったところ
でも感じますね!

 

ドラフト評価は?

2019年春の選抜時は高い評価は
聞こえてきませんでしたが、
春先から140キロ台を連発できる様に
なり、一気にドラフト候補に出て
きました。

 

智弁和歌山は投手の池田、捕手の東妻、
二塁手の黒川の3人がドラフト候補。
東妻は和歌山出身ですが、池田は京都、
黒川は奈良からの生徒。

日刊ゲンダイデジタルから引用

 

この夏の甲子園での活躍次第では
さらに評価が高まっていく事は
間違いないでしょう。

飯塚脩人(習志野)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
飯塚脩人投手は習志野高校へ進学すると、1年生秋からベンチ入り。2年生時の春の関東大会では日大三高戦で先発。夏の選手権大会予選で、3試合で 16奪三振を記録。秋にはエースとして県大会準優勝、関東大会出場に貢献。2019年春の選抜ではリリーフとして躍動。星稜高校などの強豪を撃破して決勝まで勝ち進みましたが惜しくも敗戦。

まとめ

いかがでしたか?

池田陽佑投手の

・プロフィール
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト評価

について書いてきました。

 

池田陽佑投手は和歌山大会の夏の
予選で和歌山南陵戦で0点に抑え
中谷監督からさらなる信頼を勝ち取って
います。

 

監督が100点のピッチングって
いうのですから間違いないですね。(笑)

 

春の選抜では後輩の小林樹斗投手(2年)が、
自己最速の147キロを記録し話題に
なりましたので刺激にもなっている
様です。

 

今後の活躍がとても楽しみですね!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました