西舘昂汰(筑陽学園)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!

人物
スポンサードリンク

こんにちは!!

 

筑陽学園高校は福岡県予選の
強豪校を勝ち抜いて春夏連続での
出場で2019年夏の甲子園に
出場します。

 

そして2019年夏の甲子園に
出場しますが、出場の原動力に
なった立役者の一人として
エースの西舘昂汰投手の存在は
欠かせません。

 

チームを見事甲子園に導いた
西舘昂汰投手って一体どんな投手なのか
とても気になってしまいましたので
いろいろと調査してみました!!

 

プロフィール!

西舘昂汰(にしだて こうた)
187cm83kg
•出身地:福岡県筑紫野市
•生年月日:2001年生まれ
•身長:186cm
•体重:81kg
•投打:右投右打
•ポジション:投手

 

小学校時代は吉木オリオールズに所属
筑紫野市立筑紫野中学校時代は二日市
ボーイズでプレー。

 

筑陽学園入学後は2年の秋まで
ベンチ入り出来ませんでした。

しかし努力の成果が実って
西舘昂汰は活躍して、春選抜を決める
立役者となりました。

 

福岡大会を見事優勝し。
続く九州大会でも優勝をに導いています。

 

九州大会初戦では小林西(宮崎)と、
0-0で迎えた9回表無死一、二塁の
大ピンチで登板。

 

無失点で切り抜けチームをサヨナラ
勝ちに導いています。
西舘昂汰投手も「あれが一番自信になった」と
話しています。

 

縄興南高校との準々決勝では
9回まで無失点、そのまま13回へと
タイブレーク。

 

西舘昂汰投手は無失に抑え、
チームをサヨナラ勝ちに
導いています。

 

夏の福岡大会では全試合に登板して
準決勝、決勝では完投してチームの
春夏連続甲子園の
原動力になっています。

 

球速は?

MAX145キロ。
中学時代は最速113キロでしたので、
32キロもスピードアップしている
事になりますね!

 

常時は130キロ台後半の直球を
投げ込んでいきます。

スポンサードリンク

球種は?

カーブ、スライダー、チェンジアップ、
フォーク、ツーシームと球種は多彩です。

 

しかも春の選抜終了後に、新球として
小さく変化するスライダーを習得して
さらに投球の幅が広がっています。

 

夏の福岡大会を勝ち抜けたのもこの
新球で三振も取れるし、かなりの
武器になった様です。

 

投球フォームは?

セットポジションから、グラブを
掲げて重心を下げてしっかり
投げ込んでいきます。

 

身長が高いので痩せて見えますが、
下半身はしっかり鍛えていますので
フォームに安定感があります。

 

フォームに安定感があるので、
大崩れしないタイプですね。
但し身体の開きが早くなってしまうという
ところも見受けられます。

 

そうなるとバッターにボールの出どころが
見えやすくなってしまうし、ボールも
スピンの効いた良いボールがいかなく
なってしまうので、打ち込まれてしまう
可能性もあります。

 

そのあたりがなければ夏の甲子園での
大活躍が期待できますね。

 

トラフト評価は?

春の選抜出場時から注目されてきた
投手ですし、身体のサイズも申し分
ありません。

 

実際にプロのスカウトからの声も
あります。

 

ロッテ・永野チーフスカウト
「よかった。体もまだできてないし、伸びしろがある」

 

夏の甲子園での活躍次第では一気に評価が
上がる可能性がありますので、甲子園での
ピッチングが楽しみですね。

鈴木寛人(霞ケ浦)球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
霞ケ浦高校の鈴木寛人投手の評価が日に日に高まっていますね!それはなぜかというと魔球スライダーの持ち主だからです。ここ4年間で3人のプロ投手を送り出した高橋祐二監督も「鈴木投手のスライダーは特別」と絶賛されています。

飯塚脩人(習志野)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
飯塚脩人投手は習志野高校へ進学すると、1年生秋からベンチ入り。2年生時の春の関東大会では日大三高戦で先発。夏の選手権大会予選で、3試合で 16奪三振を記録。秋にはエースとして県大会準優勝、関東大会出場に貢献。2019年春の選抜ではリリーフとして躍動。星稜高校などの強豪を撃破して決勝まで勝ち進みましたが惜しくも敗戦。

梶塚彪雅(ひょうが)(前橋育英)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
MAX142キロ。ストレートも昨秋まで135キロ前後で、今年になって140キロを超えて、ひざ元にビシっと決まるストレートは抜群。カーブ、スライダー、チェンジアップと球種も豊富ですね。ピッチングだけではなくて1.00秒~1.10秒前後の高速クイックとフィールディングも非常にうまいですね。穴が比較的ない投手と言えそうです。

まとめ

いかがでしたか?

西舘昂汰投手の

・プロフィール
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト評価

について書いてきました。

 

夏の甲子園1回戦では強力打線の
作新学院と激突します。

 

作新学院は栃木大会5試合で53得点を
挙げて、4割を超える打率の選手が
スタメンに5人出場する強打の学校です。

 

この1回戦を勝ち抜けるかどうかは
まさに西舘昂汰投手のピッチングに
かかっていると思います。

 

中学時代の体重は64キロ。
現在は83キロと立派な体格で安定感を
増した投球ができるようになっています。

 

この身体作りも調理師免許を持つ
母親が、体重アップと筋力アップできる様に
バランスのいいおかずを作ってくれた
おかげの様です。

 

チームを勝利に導くとともに勝って
お母様に恩返しができるといいですね。
この夏の甲子園での西舘昂汰投手の
ピッチングから目が離せませんね!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました