U18西岡海斗の(秋田修英)出身中学はどこ?球速や球種について!

人物
スポンサードリンク

こんにちは!!

 

U18候補の西岡海斗投手の評価が
赤丸急上昇中ですね。

 

投げる時のヒジの使い方がとても
柔らかくてボールが遅れて出てくるので
バッターは打ちづらいんですよね。

 

現巨人投手コーチの杉内さん2世と
言われるほどボールの切れ味が良く
バッターは球速よりも体感速度は
早く感じます。

 

そんな将来を嘱望される
西岡海斗投手って一体どんな投手
なんだろうととても気になって
しまったので、いろいろと調査して
見ることにしました!!

 

出身中学はどこ?

西岡海斗投手は城南中学校
卒業しています。
城南中学校時代は秋田リトルシニアで
プレーしています。

 

wikiプロフと球歴!

秋田県秋田市出身。
身長172cm、体重75㎏、
左投げ左打ち。

 

家族は母、兄、姉。

 

西岡海斗投手は、秋田市立大住
小学校5年生時から野球を
始めています。

 

城南中学校卒業後は、秋田修英高校に進み、
1年春からベンチ入りを果たしています。

 

1年夏の秋田大会では、3回戦の
平成高校戦で3番手で登板。
1回1安打無失点の成績を残しました。

 

しかし準々決勝の金足農業高校戦で
吉田輝星投手(現 日本ハム)に抑えられ、
1対7で惜敗しました。

 

ちなみに西岡海斗投手は準々決勝は
投げていません。

 

2年夏の秋田大会は、2回戦の十和田高校戦で
9回1安打1四死球18奪三振無失点。

 

しかし3回戦の由利高校戦では、
9回6安打3四死球6奪三振4失点で、
敗退しています。
2年秋の秋田大会は、決勝の横手高校戦で
9回6安打1四死球8奪三振1失点で完投して、
見事秋田修英高校の優勝に貢献して
います!

 

同年秋の東北大会では、初戦の
大崎中央高校戦で7回1安打1四死球
6奪三振1失点完投(7回コールド)と好投。

 

しかし準々決勝の古川高校戦では
8回9安打4四死球5奪三振3失点と打たれ、
準々決勝で惜敗。

 

負けた試合の原因は本人曰くバッターを
しっかり観察できていなかったと。

 

 「負けた試合は、バッターを
観察出来なかった。

バッターが変化球待ちの時に、
自分の持ち味であるまっすぐを投げず、
コツコツ当てられてしまった。

その結果、内野を抜かれてと
いうことだったんで。

やっぱりバッターを見て何を
待っているかを考えていかないと
いけないなというのは感じました」

 

そして夏に向けての課題は変化球の
質の向上とメンタル面の強化に
取り組んでいるとの事。

 

「変化球は狙われて打たれると
いうような変化球ではだめなので、
狙われても空振りを取れたり、
打ち損じを狙えるような変化球を
突き詰めれるような練習をしてきました」

 

自分は率先してトイレ掃除を
しっかりやると決めているので、
それは2年生が始まったときから貫いています」

 

トイレ掃除など人が嫌がる事を率先して
やる事によって逃げない強さを強化
している様です。

 

ちなみに秋田修英高校は
全校生徒117人で野球部の
専用グラウンドはありません。

 

それでこれだけの活躍はやっぱり
凄いですね!!

球速について!

西岡海斗投手の現在のMAXは
140キロです。
しかし腕の振りが遅れて出てくるために
打者の手元での伸びが違うんですよね。

 

なので体感速度は145キロくらいに
感じるそうです。
スピードが全てではないって事
なんですね。

スポンサードリンク

球種について!

球種については調べたのですが
はっきりとわかったものが情報として
ありませんでした。

 

球種がわかったらこのブログでも
追記していきますね。

投球フォームについて!


身長は172センチと投手としては
大柄ではありませんが、抜群の肘の
使い方と腕の振りが特徴です。

 

球のキレがとても良いので同じタイプの
投手としてはイメージ的には
横浜ベイスターズの今永投手
近いのではないでしょうか!

 

ドラフトについて!

実績としてはまだスカウトが評価
しているとの情報は入っていませんので
この夏の活躍次第では一気に
ドラフト対象内に入ってくる
感じでしょうか。

鈴木寛人(霞ケ浦)球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
霞ケ浦高校の鈴木寛人投手の評価が日に日に高まっていますね!それはなぜかというと魔球スライダーの持ち主だからです。ここ4年間で3人のプロ投手を送り出した高橋祐二監督も「鈴木投手のスライダーは特別」と絶賛されています。

まとめ

西岡海斗投手の

・出身中学
・wikiプロフと球歴!
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト

について書いてきました。

 

西岡海斗投手のセールスポイントは
何と言っても柔らかい肘の使い方
なのかと思います。

 

4月の高校日本代表1次候補の
3日間の合宿に参加した時の状況設定の
紅白戦でもしっかり結果を残しました。

 

西岡海斗投手は負けず嫌いな性格なので、
これからもっともっと伸びると
思います。

 

西岡海斗投手のこれからの活躍から
目が離せませんね!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました