大栄陽斗(あきと)(仙台育英)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!

人物
スポンサードリンク

仙台育英高校は宮城県予選の
強豪校を勝ち抜いて2019年夏の
甲子園に出場します。

 

宮城県決勝では強豪東北高校に
15-10で逆転勝ちしました。

 

そして夏の甲子園初戦は
初出場の公立校・飯山(長野)高校
に決定しています。

 

2019年夏の甲子園に出場しますが、
出場の原動力になった立役者の
一人としてやはりエースの
大栄陽斗投手の存在は欠かせません。

 

チームを見事甲子園に導いた
大栄陽斗投手って一体どんな投手なのか
とても気になってしまいましたので
いろいろと調査してみました!!

大栄陽斗(あきと)の進路!

今秋の東都大学1部リーグを制した中大に合格しました!

高校時代は2刀流で活躍しましたが、大学では投手1本で

4年後のプロを目指すそうです。

 

読み方は?

大栄陽斗(おおさかえあきと)
なかなか読み方が難しい名前ですね。

 

プロフィール!

174㎝72kg
投打 右投げ左打ち

 

小学6年時に東北楽天ジュニアチームの
セレクションを通過。
メンバーに選出されています。

 

秀光中時代は軟式野球部で2年、3年時に
全国大会に出場。

 

2年時は2回戦で敗退してしまいましたが、
3年生の時にはベスト4まで進出して
います。

 

仙台育英高校進学後は2年生時から活躍。
昨年夏の甲子園でもメンバー入りして、
2番手として浦和学院戦に登板して
います。

 

現在は主戦投手として活躍しながら
バッターとしても才能があるので
三塁手としても試合に出ています。

 

先発、リリーフそして野手と大車輪の
働きをしています。

 

球速は?

MAX145キロのスピードボールを
投げます。

 

入学時は120キロ台の球速でしたので
20キロ以上もスピードアップして
いますね。

 

球速のアベレージも130キロ後半から
140キロを出せるので、高校生の
バッターはなかなか打つのが難しい
でしょう。

 

しかもボールが早いだけでなく、
コントロールがいいのが秀逸。

 

本人もコントロールには自信があると
述べていますし、

須江航監督も
「3球連続で同じコースに投げられる。
球1個分の出し入れができる」と
制球力に絶賛しています。

 

スピードボールをコーナーに
ビシビシ決められるとそれは
打てないですよねー!

スポンサードリンク

球種は?

MAX145キロのスピードボールと
2種類のスライダー、チェンジアップ、
フォークを投げ分けていきます。

 

変化球のコントロールもいいので、
三振も奪えます。

 

又昨年の冬場にチェンジアップの
精度を上げて、左打者への苦手意識を
克服したのも自信になっています。

 

投球の幅が広がっているので、
バッターとしてはとても厄介ですね。

投球フォームは?

無理のない力みのないフォーム
なのでコントロールがいいのでしょう。

 

仙台育英は投手を育てるのがとても
上手くて、入学時はスピードがそれほど
なくても、練習によってどんどんフォームが
固まってスピードが出てくるんですよね。

 

育成法は大きく分けて2つ。
投球時に横を向いている時間の長さを
増やすことと、胸をいかに張れるか。

 

ブルペンではなく、鏡や映像で確認しながら、
ネットスローで投球フォームを固める。
骨盤を動かす感覚も養い、
瞬発力系トレーニングも導入。

 

柔軟性はブリッジや逆立ちで磨く。

 

ドラフト評価は?

現在のところプロからの声は聞こえて
きません。

 

もしかしたら大学進学か社会人野球を
経てからプロ入りを目指す可能性が
高そうです。

梶塚彪雅(ひょうが)(前橋育英)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
MAX142キロ。ストレートも昨秋まで135キロ前後で、今年になって140キロを超えて、ひざ元にビシっと決まるストレートは抜群。カーブ、スライダー、チェンジアップと球種も豊富ですね。ピッチングだけではなくて1.00秒~1.10秒前後の高速クイックとフィールディングも非常にうまいですね。穴が比較的ない投手と言えそうです。

池田陽佑(智弁和歌山)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
智弁和歌山高校入学後も順調に成長してきていますが、特筆すべきは2019年春の選抜後の成長でしょう。春の選抜の時の球速は140キロを計測するボールはごくわずか。 常時135キロから130キロ後半でした。しかし2ヶ月後の5月下旬の試合では常時140キロ~146キロを計測していて平均球速が5キロもアップしています。

飯塚脩人(習志野)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
飯塚脩人投手は習志野高校へ進学すると、1年生秋からベンチ入り。2年生時の春の関東大会では日大三高戦で先発。夏の選手権大会予選で、3試合で 16奪三振を記録。秋にはエースとして県大会準優勝、関東大会出場に貢献。2019年春の選抜ではリリーフとして躍動。星稜高校などの強豪を撃破して決勝まで勝ち進みましたが惜しくも敗戦。

まとめ

いかがでしたか?

大栄陽斗投手の

・プロフィール
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト評価

について書いてきました。

 

2年生時から活躍しているので、
現在のエースである事は間違い
ありません。

 

仙台育英には今年1年生で140キロ
以上を投げる左腕・笹倉世凪(せな)投手や
伊藤樹投手、140キロ超は3学年で5人も
います。

 

大栄陽斗投手の負担がかなり
軽くなっていますので、今年はかなりの
確率で上位進出が見込めるのでは
ないでしょうか。

 

大栄陽斗投手の投打の活躍があれば
チームも波に乗っていけるので
夏の甲子園での大栄陽斗投手の
投打の活躍から目が離せませんね!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました