清水大成(履正社)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!

人物
スポンサードリンク

こんにちは!!

履正社高校はしっかり夏の
大阪府予選を勝ち抜いて2019年
甲子園に出場します。

 

春夏連続出場ですが春の選抜では
1回戦で強豪の奥川投手率いる
星稜高校に敗れてしまいました。

 

又昨年の夏は大阪府予選で
春夏連覇した大阪桐蔭高校に
9回2死ノーアウトランナー無しまで
追い詰めましたが逆転負けを
喫してしまいました。

 

そしてその悔しい思いを胸に
2019年夏の甲子園に出場しますが、
出場の原動力になった立役者の一人として
エースの清水大成投手の存在は
欠かせません。

 

チームを見事甲子園に導いた
清水大成投手って一体どんな投手なのか
とても気になってしまいましたので
いろいろと調査してみました!!

 

プロフィール

名前 清水大成 (しみずたいせい)
出身地 兵庫県丹波市
生年月日 2001年6月5日
身長 176cm 74kg
左投げ左打ち
兵庫県丹波市生まれ。

 

丹波市立東小学校時代は
軟式チームの東レッドソックスに所属。

 

中学時代はヤングリーグの篠山ベースボール
ネットワークでプレーしていましたが、
投手として際立った成績は出していません。

 

2年時までは投手と一塁手を兼任していて、
3年生になってから本格的に
投手になっています。

 

今のエースとしての活躍からすれば
かなり意外ですね!

 

履正社高校入学後は入学してすぐの
5月には実践デビュー。
夏の県予選にはベンチ入りを
果たしています。

 

この時には早くも頭角を現して
います。

 

そして3年時の春のセンバツ出場をかけた
秋季近畿大会の準々決勝で、勝てばセンバツ当確と
福知山成美戦で先発。

 

無四球で3安打、毎回の12奪三振で
完封というベストピッチング。

 

ちなみに福知山成美高校には中学時代に
ともに汗を流した橋本翔生投手や
谷掛元基内野手が在籍していますね。

 

春の選抜では1回戦で星稜高校に惜敗
してしまいましたが、夏の甲子園には
見事出場。
甲子園での快投が期待されます。

評判は?

夏の甲子園1回戦で霞ヶ浦高校戦に先発。
途中で交代したものの見事チームを勝利に導く好投で
2回戦進出を演じています。

2回戦では津田学園との激突が決まっていますが、
相手も好投手ですから良いピッチングが
期待されます。

 

球速は?

MAX145キロ。
左投手で145キロのスピードボールを
投げられるので世代屈指の本格派左腕と
言ってもいいですね。

 

去年の秋に本人曰く
「ステップ位置をホームに向けて
まっすぐにしたら、体重移動が
スムーズになったんです。

 

リリースポイントも前に
出てくるようになって、
ボールが出やすくなりました」

 

球速以上に力強いボールに
打者は感じるでしょうね。

スポンサードリンク

球種は?

MAX145キロの直球と
緩いカーブ、スライダー、カットボール。

 

球種も豊富ですし、
変化球でもストライクが取れるので
大崩れはしないタイプですね。

 

カットボールを習得した事によって
投球の幅が広がったので、打者としては
的を絞っていくのがかなり難しいの
ではないでしょうか。

 

以前はボールが先行していた
投球もありましたがだいぶ
修正されています。

 

投球フォームは?

全身を使って投げる投球フォーム
からキレのあるボールを投げ込んで
いきます。


投球フォーム自体もまとまりがあって、
腕も直球、変化球に関わりなく
しっかり振り切ることができるのが
特徴です。

 

ドラフト評価は?

貴重な左腕という事もありプロからも
注目されています。

 

ソフトバンク・稲嶺誉スカウト
「上から叩けるので、体ができれば、
球速はもっと出るのでは」

 

この夏の甲子園での活躍次第では
一気に評価を上げてくる可能性も
ありますので、甲子園でのピッチングが
非常に楽しみですね!!

香川卓摩(高松商)の球速や球種、投球フォームは?ドラフト評価も調査!
香川卓摩投手はMAX142キロ。165cm62kgと投手としてはかなり小柄な部類に入りますので、スピードで勝負するタイプではなく、ボールの切れとコントロールで勝負するタイプです。常時130キロ台の直球ですが、キレがいいので、バッターは打ちづらいんですね。直球スライダー、チェンジアップ、カーブ、スクリューボール。

まとめ

いかがでしたか?

清水大成投手の

・プロフィール
・球速
・球種
・投球フォーム
・ドラフト評価

について書いてきました。

 

清水大成投手のストロングポイントは
好不調の波が少なくあまりなく
安定的な投球ができるとこですね。

 

しかも好調時には相手バッターを
圧倒する投球ができるので味方に
とってはとても心強いと思います。

 

ストライク先行できるピッチングは
高校球界屈指ですね。
この夏の甲子園は優勝候補と言われた
春の選抜での悔しさを晴らす場所ですね。

 

甲子園での清水大成投手の
ピッチングから目が離せませんね!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました