カーリングのエキストラエンドルールとは?10エンドの攻防が重要?!

カーリング
スポンサードリンク

カーリングにおけるエキストラエンドルールとは、

延長戦のことを指します。

通常のゲームだと、10エンドで決着しますが、

そこで同点だった場合、延長戦で勝敗を決します。

 

このエキストラエンドルールでは、先に点を取ったチームが

その時点で勝ちになります。

したがって、本線よりもより集中力が求められる

難しいエンドなのです。

カーリングにおけるエキストラエンドのルールとは?

通常、カーリングが10エンドで勝敗を決しますが、

実力が拮抗している場合、同点で終えて

しまうことがあります。

 

そこで、延長戦であるエキストラエンドが

ルールとして定められています。

 

エキストラエンドはサドンデス方式ですから

どちらかが得点した時点で

勝敗が決するのがポイントです。

 

さて、カーリングは、ストーンをハウスの中心に置いた

チームに得点が加算されます。

 

したがって、先攻が投じたストーンを

弾き出すことができる後攻が圧倒的に有利となります。

先攻・後攻はゲームスタート時はジャンケンかコイントスで

決められます。

 

ゲームが始まってからは、エンドを取ったチームが

次エンドでは先攻となるルールになっています。

つまり、エキストラエンドの前、すなわち第10エンドの攻防が、

とても重要になってくるのです。

 

10エンドで同点に追いついても、エキストラエンドでは

先攻になるので不利と感じる人も多いと思います。

反対に、勝利目前で第10エンドを落としたチームが

精神的に余裕がなくなると感じる人もいるでしょう。

 

エキストラエンドについては、サドンデス方式ではなく、

2エンドを行うべき、といった意見もあります。

しかしながら、スリリングな展開を求めるなら、

サドンデス方式がベターなのです。

スポンサードリンク

カーリングのエキストラエンドルールにおける持ち時間とは?

カーリングにおいては戦術がとても大切ですが、

エキストラエンドにおける、持ち時間は4分30秒しかありません。

エキストラエンドは先攻であっても後攻であっても

非常に難しいエンドであることは間違いありません。

 

それだけに、各チームとも10エンドまでに

勝てるよう持ち時間を有効に使って

状況に応じた戦術を考えます。

 

さて、その持ち時間ですが、1ゲーム1チーム

あたり38分と決められています。

 

以前は、ショットしてストーンが止まるまでの

時間を持ち時間として73分

与えられていました。

 

現在はルール改正が行われ、いわゆる「考える時間」のみで

38分与えられることになりました。

 

この他に1分間のタイムアウトが2回、

5エンド終了時に7分間の

休憩が与えられています。

 

これを1エンド平均で考えると、4分弱ですから、

素早い決断がることになります。

 

さすがに、エキストラエンドを含めて持つ時間38分では、

試合になりません。

そこで、エキストラエンドでは、各チーム1エンドあたり

4分30秒が与えられています。

 

本線よりも長い持ち時間ですが、得点されれば

その時点で負けてしまいます。

それだけに、本線よりも長い時間といってもより難しい判断が

求められるのは言うまでもありません。

 

まとめ

カーリングのルールにおいて、第10エンドで同点だと、

エキストラエンドと

呼ばれる延長戦に入ります。

 

エキストラエンドはサドンデス方式で行われますから、

一般的には先攻のチームが不利となります。

 

しかしながら、ゲーム展開によっては、

後攻が精神的に追い込まれミスすることもありますから、

メンタルが重要になります。

 

カーリングは戦術がとても重要なスポーツですが、

本線では持ち時間が38分間与えられます。

これに対してエキストラエンドでは4分30秒が与えられますから、

単純に比較すると長い時間になります。

 

しかしながら、より慎重な判断が求められますから、

選手たちにとっては決して長い持ち時間ではないのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました