清水央彦監督(大崎高校)経歴が凄い!佐世保実業や清峰高校で優勝?!

人物
スポンサードリンク

清水央彦監督という方をご存知ですか?

 

2021年春のセンバツ出場校にする公立校でかなり注目を浴びている大崎高校野球部の監督を
されている方です。

 

 

秋の九州大会では、強豪私立4校僅差で破ってきて九州王者となっています。公立高校が強豪私学に勝利するだけでかなり凄い事なのに九州大会に優勝して、選抜出場を勝ち取るのは相当な事です。

 

そして公立高校なので選手は全員長崎県出身!

 

清水央彦監督が大崎高校に赴任する前には野球部員が5名程で廃部寸前だったのだとか・・・
先日テレビのバースデーという番組でも特集を組まれていました。このような強豪私学に比べて圧倒的不利な環境の中、名だたる学校を破って甲子園出場を勝ち取った大崎高校の野球部監督の清水央彦さん!

 

清水央彦監督が一体どんな方なのかとても気になりますね!

 

この記事では清水央彦監督(大崎高校)経歴が凄い!佐世保実業や清峰高校で優勝?!と
題しまして記事を書いていきます。

 

清水央彦監督(大崎高校)経歴!

名前:清水央彦(しみず あきひこ)
生年月日:1971年生まれ
出身:長崎県
選手経歴:佐世保商業→日本大学卒業
指導経歴:佐世保商業→平戸→北松南高校(清峰高校)→佐世保実業→大崎高校

 

高校野球に詳しい方なら知っていると思いますが清水監督は吉田洸二(現・山梨学院監督)さんとのコンビで清峰(長崎)を強豪に押し上げた指導者として知られている存在です。
清水監督の出身は佐世保商業です。大学を卒業後、家業を継いでいたところ、母校の先輩の吉田洸二さんが監督を務めていた佐世保商の練習を手伝うようになってから指導者人生をスタートさせています。

 

清水央彦現役時代!

清水央彦さんの高校時代は佐世保商業で野球をされていましたが、現役当時は甲子園出場はかないませんでした。

 

清水央彦さんの1学年上には清峰高校で監督、コーチ兼部長としてコンビを組んだ吉田洸二さん(現・山梨学院監督)がいました。山梨学院も吉田洸二監督が赴任してから強さがさらに増した感じがします。

 

清水央彦出身大学はどこ?

清水央彦さんは佐世保商業高校を卒業後は日本大学に進学しています。卒業後は指導者として故郷の長崎県の戻られています。

 

清水央彦の佐世保商業時代!

吉田洸二(現・山梨学院監督)さんとのコンビで2年目の秋に県ベスト8に躍進しています。翌年、吉田洸二さんが平戸へ異動となりましたが、残った清水さんが指揮したチームが夏の大会で当時優勝候補であった佐世保実を倒す快進撃を偉業を成し遂げています。

 

清水央彦の平戸高校時代!

吉田洸二さんが赴任した翌年に清水さんも平戸高校へコーチとして出向いて吉田洸二さんとの
コンビが復活します。平戸高校では高校から野球を始めた選手も多くいましたが2年目の秋に県ベスト8に押し上げています。

 

清水央彦の清峰高校時代!

清水央彦さんは通信制の大学で教員の免許を取得しています。

 

北松南高校(2003年に清峰高校に改称)の監督に就任した吉田洸二さんに請われて、2001年から北松南高校の部長兼コーチに就任しました。清水央彦さんは吉田洸二さんとともに力を合わせて当時は無名で弱小校のレベルであった清峰高校を野球強豪校に変身させたのです。

 

弱小高校を強豪高校に仕上げるメソッドはこの頃に培われたのかもしれませんね!
清水央彦監督が現在率いている大崎高校ととても似ている感じはしますね!

 

清峰高校では春夏合わせて甲子園に4度出場という輝かしい実績を残しました。
加えて清峰高校は2009年のセンバツでは今村猛投手(現・広島)が
エースで長崎県勢初の優勝を達成しています。

 

現在広島カープで活躍する今村投手が甲子園で優勝するほどの投手に成長できたのには、
清水央彦さんの存在がとても大きかったと言えます。清水央彦監督は実は投手作りの名人とも言われているのです。


清峰時代、以下の好投手を育てています。

古川 秀一(九州共立大-元オリックス)05年夏で愛工大名電を破る
有迫 亮(三菱重工長崎)06年センバツ準優勝投手
今村 猛(広島)09年センバツ優勝投手

 

今村投手の清峰高校時代のピッチングです!

 

しかし、実は清峰高校が甲子園で優勝した前年に清水央彦さんはある事情により清峰高校を去らなければいけなくなってしまったのです。

 

清水央彦佐世保実業時代!

清水央彦さんは2009年夏から佐世保実業の監督に就任しました。佐世保実業でも高校野球の指導者としての実力は申し分なく、2012年、2013年に連続して夏の甲子園に出場しました。

 

そして佐世保実時代では以下の好投手を指導してます。

立石 悠汰(東洋大-西部ガス)12年夏の甲子園メンバー 現在は152キロ右腕へ成長してます。
山口 晃(関西学院大-三菱自動車岡崎)高校時代は140キロ台の速球を投げ込んでいました。

 

清水央彦不祥事と体罰!

清水央彦さんは、2013年の10月に、部員に暴力を教唆した上、『練習中の事故』と虚偽報告したとして、高野連から無期謹慎という非常に重い処分を受けています。

 

佐世保実の監督を無期謹慎処分に 日本学生野球協会
日本学生野球協会は11日、東京都内で審査室会議を開き、部員に暴力を教唆した上、「練習中の事故」と虚偽報告したとして、佐世保実(長崎)の清水央彦監督(1日付で辞任)に無期謹慎処分を下した。除名の次に重い処分で、日本高野連の西岡宏堂審議委員長は「あってはならない出来事。謹慎の解除は考えていない」と説明した。

同会議などによると、監督は昨年8月、当時1年の部員が退部を申し出たため、引退した3年の元部員に「殴ってでも引き留めろ」と指示。1年の部員は顔を殴られ、骨折の重傷を負って入院したが「練習で球が当たった」と報告していた。

 

理由はいろいろあると思いますが、野球部員に暴力をするように仕向けてしまった様にも感じて
しまいますし、結果的に野球部員に怪我をさせてしまい、1年以上隠してしまった事が悪質と
みなされてしまった様です。

 

実は清水央彦さんは清峰高校を辞めた理由も、野球部品を粗末に扱った野球部以外の生徒を殴ってしまい、高野連から処分を受けたのが理由でした。実は清水央彦さんは2008年の夏甲子園の後、前任の吉田監督の勇退の後に、清峰高校の監督になっていましたが直後に暴力事件を起こしてしまい、監督を辞任されています。

 

そして吉田さんが再度監督に就任するという事がありました。

 

仮に、この時、暴力事件がなければ、2009年センバツの優勝監督は清水央彦さんという事もあったかもしれません。

 

清水央彦が大崎高校野球部監督!

2016年の3月に清水央彦さんは無期限の謹慎処分が解除されました。清水央彦さんは『野球を通した町おこし』を託されて西海市職員として大崎の町に来ています。『誠実に野球と向き合おうと気持ちを新たにした』。自戒も込めた『変身』だったそうです。

 

清水央彦さんは2017年の秋に外部コーチとして大崎高校に赴任します。

 

清水央彦さんが大崎高校に赴任した当時の野球部員は全部員で5人しかいなくて、他行の選手と合同チームを組まないと試合ができない状態でした。そして2018年の春に正式に大崎高校の監督に就任しまして、2019年秋の長崎県大会で優勝という快進撃!

 

しかし春の選抜出場をかけた九州大会では初戦で敗れてしまい、甲子園出場はできませんでした。その後も2020年夏の長崎県独自大会でも優勝して2020年秋の長崎県大会でも優勝という一気に強豪校の仲間入りを果たしました!九州大会でも王者になり甲子園ではどんな采配をして勝ち進んでいくのかとても楽しみですね!

 

部員がわずか5人しかいない状態から、たった3年で県大会3季連続優勝は選手の頑張りはもちろん
やはり清水央彦監督の指導の凄さがありますね!やはり指導力の高さは長崎県内では評判で、清水監督を慕って長崎県内の実力ある中学生が大崎高校へ進学する流れはこれからもっとできるのではないでしょうか!

 

今年は右のエース・坂本 安司も昨秋の公式戦8試合で防御率1.53の好成績を残した好投手ですし、センバツの舞台でも活躍が期待できます。この様な選手がこれからどんどん入学・入部してくれば
全国の強豪校に立ち向かっていけるかもしれませんね!

 

清水央彦監督(大崎高校)のチーム作りのポイント!

大崎高校は中学校で実績を残してきた選手ほとんどはいなくてどこにでもいる普通の選手たちです。そのチームが、清水監督が大崎高校の監督になってからたった3年で甲子園出場を勝ち取りました。

 

そのチーム作りはとは『一番は徹底すること』だそうです。 決めたことはきっちり最後までやり切る。例えばダッシュは最後の1メートルまで走り切り、遠投も1球1球全力で投げ切るとの事です。徹底を重ねることで体も心も強くなって負けにくいチームができるそうなのでそこは一切の妥協を許さないチーム作りをされているそうです。

 

『できる、できないと、やる、やらないは明確に分けて考えています。全部できるのはプロ。まず、やろうとする姿勢を徹底しないと。ここは相当うるさく言います』

 

清水監督はグラウンドでは大変厳しいのは有名ですが裏表がなく、叱るポイントも変わらないので、選手たちも清水監督をとても信頼しているからこの短期間で結果を残す事ができたそうです。

 

清水監督は選手と同じ寮で生活をしていますし、朝夕の食事もともにしていますので選手との距離はどんどん縮まって、凄い信頼関係が生まれているんでしょうね!その場面はテレビ番組でも放送されていました。

 

「ある程度、優しくして勝てなくても仕方ないという考えもあるのかもしれない。でも、コンビニに行くのに自転車で40分走らないといけないところで、寮にはテレビもないし、携帯も1日1時間まで。今の時代にこれだけ我慢して、それでも私を信じて島に来てくれた生徒たちにいい思いをさせてやりたい。それはいつも思ってやっているので、ひとつ結果が出て少しホッとしたのはありました」

 

学校がある大島は、九州本土の西彼杵半島と橋で結ばれた周囲29キロの小さな島で車なら佐世保から40~50分、長崎市内からでも1時間半前後とアクセスは整備されていますがが、人口は少なく生徒数も3学年トータルで100人を少し超える程度しかいない学校でのこの快進撃!

 

今後毎年のように甲子園に出場する可能性も十分にありますので、そうなれば旋風ではなく常連校になりますので、今後大注目の高校になるのは間違いなさそうです!

 

まとめ

この記事では清水央彦監督(大崎高校)経歴が凄い!佐世保実業や清峰高校で優勝?!と
題しまして記事を書いてきました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました