高松あい(バイオリン)の wikiプロフィール!実力や経歴が凄い!

youtuber
スポンサードリンク

様々なジャンルで盛り上がっているYouTube界で、身近ではなかったものの見た人が熱くなり
心を踊らされるジャンルが演奏家系のジャンルです。
ジャンルの多くはピアノ・歌・ドラム・ギターなどですが、ここ最近では海外でバイオリニストがYouTuberとして演奏動画を配信しています。

 

そんな中、日本でも若きバイオリニストが話題となっており、その注目を浴びている高松あいさんについて高松あい(バイオリン)の wikiプロフィール!実力や経歴が凄い! と題しましてご紹介いたします。

高松あい(バイオリン)の wikiプロフィール!

・名前:高松 あい
・本名:高松 あい
・年齢:22歳(2021年7月現在)
・生年月日:1998年12月10日
・出身:愛知県
・血液型:A型

ライブ配信で世界中の人たちとつながることができる17LIVEアプリで、2019年10月に
認証ライバーとなり、2021年7月現在18万人を超えるフォロワーを獲得している実力派の
17(イチナナ)ライバーです。

 

◆71ライブチャンネル:https://17.live/ja/profile/r/4824935

 

そして、YouTubeでも2019年から演奏の動画は配信していたものの、2020年4月から
本腰を入れてYouTubeチャンネルとして配信を始めています。
その後はたった1週間でチャンネル登録者数1000人を突破し、その後1年数か月で7.8万人を
超えるYouTuberとなりました。(2021年7月現在)

 

これほどの実力を持っているので、演奏はもちろんのこと、学生でありながら
YouTubeチャンネルにも力を注ぎ、かなりの努力があってここまで登りつめたのかと思います。
YouTubeでも自身の性格は負けず嫌いと話していますが、それくらいの根性がないとなかなか
プレイヤーで結果を残すのは難しいことなのでしょう。

 

話している雰囲気から見ると天然キャラなのかおっとりした性格なのか、マイペースのような
印象がありますが、高松あいさんにはお兄さんがいるそうで、2人兄妹とのことです。

 

もともとはお兄さんがバイオリンを習っていて、高松あいさんも3歳からバイオリンを弾いて
いたのですが、当時のことはあまり記憶にないそうで気が付いたころには自分もバイオリンを
習い始めていたと語っています。

 

いろんなジャンルの著名人でも興味を持ったきっかけや始めたきっかけについて尋ねると、
やはり兄弟などの影響という回答が多いので、家族や兄弟の影響というのは身近な存在なだけに
大きいのでしょう。

 

高松あいさんは2021年に大学を卒業し、そのまま地元へは戻らず東京を拠点として活動をしており、現在バイオリニストとしての活動に力を入れているようです。

 

このコロナ禍という状況でオンラインでの演奏が多くなっていますが、やはり生演奏をしたいという気持ちもあるようで、今後は定期演奏会も行いたいと話していたことを見事実現し、現在は
日本国内の各地でツアーコンサートを果たしています。

 

高松あいさんの活動はYouTubeチャンネル以外にSNSでも日常やプライベートな写真なども
更新しているので、ファンも続々と増えています。
◆Instagram:https://www.instagram.com/takamatsu_ai/?hl=ja
◆Twitter:https://twitter.com/ai1210vn?s=20

高松あい(バイオリン)の実力が凄い!

幼少の頃からバイオリンの英才教育を受けている高松あいさんは、だてに時間をかけて
バイオリニストになったわけではありません。
3歳からレッスンを受け今でも最低1日数時間の練習は欠かさないと言っているほどバイオリンは
自身の体の一部となっているそうです。

 

そんな高松あいさんのバイオリンの実力がどれくらい凄いのかご紹介いたします。
バイオリニストとのいえば、繊細な音色はもちろんですが超絶技巧での技術面も魅了される
うちの一つです。

 

そんな超絶技巧が際立つ難曲がいくつかあります。その中の一曲でパガニーニという悪魔に魂を
売り渡したと言われる天才作曲家の24の奇想曲という難曲があります。
その中でも24番は最高レベルの難易度となっているのですが、高松あいさんはこの24の
奇想曲24番を一発撮りするというチャレンジを動画で配信しています。

 

動画ではフレーズごとにご自身なりの難易度の見解を載せていますが、休憩フレーズと言っているところでも、素人が聞けば休憩とは思えないフレーズに聞こえます。レベルの次元が違いますね。
このようなハイレベルの曲をいつもののほほんとした動画のテンションですぐに弾けてしまうと
いうのは場数こそ踏んできているに違いありませんが、度胸も実力とともについているのでしょう。

 

また、他の動画では即興でジブリの数々の名曲をメドレーしたり、クラッシック以外にも
ヒット曲などを一発撮りしたり、300年前からの名曲である無伴奏ヴァイオリンソナタを
見事な腕前で披露しています。

 

高松あいさんは、名曲からヒット曲など、様々ジャンルの曲でもバイオリンの繊細な音色を
素晴らしい腕前で奏でていますね。

高松あい(バイオリン)の経歴が凄い!

高松あいさんといえば、3歳からバイオリンをはじめ現在はプロのバイオリニストとして
活動しています。
これまでに数々のコンクールで受賞しており、その実力はまさに折り紙つきです。
そんな高松あいさんの経歴についてご紹介いたします。

 

3歳の頃からお兄さんの影響でスズキメソードにてバイオリンを習い始め、その後も8歳で
国内各地でのスズキメソードテンチルドレンコンサートに出演。
14歳の時には岐阜のサラマンカホールにてお兄さんとのデュオリサイタルを開催しました。

 

名古屋市菊里高校では音楽科を専攻し、その後東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業し、
高校・大学時代には3度のソロリサイタルを実現しています。

 

また、練馬区新人演奏会出演者専攻オーディションにて最優秀賞を受賞し、オーディション
合格者による同演奏会にて、演奏家であれば誰もが憧れる東京フィルハーモニー交響楽団との
共演を果たしました。

 

その他にも、第69回全日本学生音楽コンクール高校の部名古屋大会第一位、全国大会第3位。
第26回ブルクハルト国際音楽コンクールで第一位、東京国際芸術教会新人演奏会にて優秀新人賞を受賞するなど、これまでに数多くの入賞経験を経ています。

 

STAND UP! ORCHESTRA
座ってられないクラシック STAND UP! ORCHESTRA の最新情報

 

2019年10月にはライブ配信アプリ「イチナナライブ」にて認証ライバーとなり、
アプリ内イベントでは8度の入賞を果たしました。
現在はその公式オフラインイベントへの出演や、イチナナライブ、YouTubeでの配信と幅広い活動でバイオリニストとしての知名度を上げています。

 

幼少期からバイオリンのレッスンをしていたことで人一倍多くの経験を積んでいますが、
まだまだ年齢も若いので、これからも時代の流れとともに活動の幅が広がりそうですね。

まとめ


高松あい(バイオリン)の wikiプロフィール!実力や経歴が凄い! と題しまして
ご紹介してきました。

 

高松あいさんはYouTubeチャンネルを開設してご自身の音楽活動を発信しているという、
まさに令和ならではのスタイルを取り入れ、どんどん発信スタイルが時代とともに進化して
いますね。

 

ですが、音楽はその場の音の振動や演奏家と一体化できる空気感というのが楽しみ方の一つでも
あると思いますので、やはり生演奏に勝るものはないと思います。
一日でも早く、今までのように演奏会などを開けるようになることを願うばかりですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました