カーリングのルールで反則をわかりやすい内容でまとめてみた!

カーリング
スポンサードリンク

カーリングのルールには主に2つの反則があります。

①投げたストーンに触れること。
②各チームのガードが2投目を投げ終えるまで、

フリーガードゾーンエリア内のストーンをプレイエリア内から

出すこと。

 

カーリングは冬季オリンピックで人気がある競技でありますが、

普段はメディアに取り上げられることが少ないのが現状です。

 

しかしながら、冬季オリンピックが開催されるごとに

新たなヒロイン誕生しており、ここ数年でファンを

大きく増やしています。

 

カーリングのルールはとてもシンプルですが、

反則の内容まで知ってくと、観戦する際の注目ポイントも増え、

さらにカーリングを楽しめますよ。

 

カーリングのルールにおける「ストーンに触れる」反則とは?

 

カーリングのルールにおいて反則のなりのが

「投げたストーンに触れること」があります。

 

カーリングは投げたストーンの場所によって

勝敗を決するスポーツですから、当然、ストーンに

触れてしまうと反則になりますね。

 

さて、不可抗力と言えども、ストーンに触れてしまった場合、

どういったペナルティが課されるのか気になるところですね。

こういったケースでは、全てのストーンが止まった時に、

相手チームは3つの選択肢から1つを選ぶことができます。

 

①もしもストーンが動かされなかった時は、

移動したと想定される位置に全てのストーンを

動かすことができる。

 

②投げられたストーンを取り除き、その他のストーンを

元のポジションに戻す。

 

③そのまま試合を続行する。

 

反則をされたチームは、①~③の中から、

自チームが有利に進められるものを選択することとなります。

 

ただし、得点が自動的に加算されるわけでは

ありませんから、間違った選択をしてしまうと

たちまち不利な展開となってしまいます。

 

こういった頭脳戦となるところもカーリングの

醍醐味の一つですよね。

 

 

スポンサードリンク

カーリングのフリーガードゾーンルールにかかる反則とは?

 

フリーガードゾーンルール違反もカーリングに

おいては反則になります。

 

これは、各チームのガードが2投ずつ投げ終えるまでに、

フリーガードゾーンエリア内のストーンをプレイエリア内から

弾き出してしまうことです。

 

ちなみにフリーガードゾーンとは、ホッグライン

(カーリングの的の中心)からハウスの手前までの

空間のことです。

 

カーリングは相手のストーンを弾き飛ばして、

自チームのストーンを的に近づけるスポーツですが、

普通に考えると「後攻」が断然有利になります。

 

そこで決まったのが、フリーガードゾーンルールです。

このルールを採用したことで、単純ににストーンを

蹴散らすのみならず、

 

ガードを置いて攻める・守るといった駆け引きや

様々な戦術が生まれました。

つまり、よりカーリングの面白さが

引き出されることになったのです。

 

もし、反則になってしまったら、自チームの

ストーンはアウトとなり、相手のストーンは元に

戻されますので、大きなペナルティになってしまいます。

 

まとめ

 

カーリングのルールにおける反則は次の2つです。

1つ目は、投げたストーンに触ってしまう事です

この場合、3つの選択肢が与えられます。

 

①ストーンが動かされなかったことを想定し、全てのストーンを動かす。
②投げられたストーンを排除して、それ他のストーンを前の場所に戻す。
③そのままゲームを継続する。

 

どの選択肢をチョイスするかは、相手チームに

委ねられますが、勝敗に大きくかかわる部分ですから、

慎重に選ばなくてはなりません。

 

2つ目にフリーガードゾーンルールによる反則です。

 

これは、ガードが2投目をおえるまでに、

フリーガードゾーンにある

ストーンを弾き出してしまうことです。

 

この場合、自チームのストーンは排除されて、

相手のストーンは前の場所に

戻されますので大きなペナルティになります。

 

このように、カーリングはスポーツでありながら

頭脳戦となることが多いので、ルールはもちろん反則や

ペナルティを知っておくと、より楽しく観戦できますよ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました