ニューイヤー駅伝

マラソン

ニューイヤー駅伝なぜ群馬県で開催?開催地を群馬に移したのはいつ?

ニューイヤー駅伝が群馬で開催されるのは、①電波の中継地が赤城山エリア1箇所で済むこと。②群馬県が誘致に積極的であったこと。の2点が大きな理由です。ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並んで、日本のお正月には欠かせない駅伝大会ですよね。
マラソン

ニューイヤー駅伝はなぜシード制を廃止したのか?選考会や予選枠について!

ニューイヤー駅伝におけるシード制については、第53回大会(2009年)から廃止され、各予選で上位に入賞しなければ、本線には出場できなくなりました。さて、ニューイヤー駅伝の正式名称は、「全日本実業団対抗駅伝競走大会」です。
マラソン

ニューイヤー駅伝の外国人枠!区間距離や日本人選手の影響は?

ニューイヤー駅伝の外国人枠は2区に限定されており、毎年、外国人選手のし烈な戦いが繰り広げられています。ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並ぶお正月の人気スポーツイベントです。チームの優勝を大きく左右する、外国人枠の扱いについてまとめてみました。
マラソン

ニューイヤー駅伝における花の4区の見どころとは?距離はどのくらい?

ニューイヤー駅伝において4区は、全7区間中、最も距離が長く各チームのエースが揃って走ることから「花の4区」と言われています。駅伝レースには、必ず「花の◯区」と呼ばれる区間があります。この区間は全区間中、最も長い距離である場合がほとんどで、レースの勝敗に大きく影響することから、「花の◯区」と呼ばれているのです。
マラソン

ニューイヤー駅伝に優勝すると賞金はあるのか?選手の目的は?

ニューイヤー駅伝の賞金は、スポンサーである山崎製パンから賞金並びに自社製品3,000個相当となっており、具体的な金額は示されていません。その他には開催年によって異なるものの上位チームには群馬県の特産品、区間賞には群馬県の旅館宿泊券が贈られています。
タイトルとURLをコピーしました