蔵王の樹氷へのアクセス方法や行き方・おすすめスポットを御紹介!

観光地
スポンサードリンク

蔵王の樹氷を見るには山形駅からのアクセスだと

バスとロープウェイを乗り継ぎ、地蔵山山頂付近に

向かいます。

 

樹氷を見るポイントとしては、ロープウェイの車窓、

地蔵山山頂駅、展望台、レストランがおすすめです。

 

ただし、樹氷は天候によって素晴らしい絶景と

なることも全く見られない場合もあります。

そこで、蔵王の樹氷を見るにはどうすればよいのか

紹介します。

蔵王の樹氷を見るにはどこに行けばいいの?

一般的に山形駅から蔵王の樹氷を見るには、

路線バスとロープウェイを乗り継ぎます。

山形駅東口から、蔵王温泉行のバスに乗車すると、

蔵王温泉バスターミナルに約45分で到着します。

 

そこから徒歩で蔵王ロープウェイに向かい、

山麓線に乗車し樹氷高原駅で一旦下車します。

さらに、樹氷高原駅で山頂線に乗り換え、

山頂駅で下車すると一面に樹氷原が広がります。

 

ロープウェイ以外ではリフトを利用して樹氷原に

行く方法があります。

 

この場合、蔵王中央ロープウェイ鳥兜駅、

蔵王スカイケーブル中央高原駅で

リフトに乗り換えます。

 

いずれの方法でも、樹氷原に到着できますが、

そこは標高1600mを超える

場所になります。

 

したがって、想像以上に寒い上、風も強いので

しっかりとした防寒対策は忘れてはなりません。

 

また、樹氷原に向かうにはバスツアーもありますから、

初心者はこういったものを利用するのも良いでしょう。

スポンサードリンク

蔵王の樹氷をみるにはどのスポットを選べばいい?

蔵王の樹氷原に行くには、ロープウェイ又はリフトで

地蔵山山頂を目指すことになります。

そこで実際に樹氷を見るには、4つのおすすめ

スポットがあります。

 

まず、ロープウェイの車窓からは山頂駅に

近づくにつれ、眼下に樹氷原が広がるのを

見ることができます。

 

ゆったり座って見る樹氷原は格別な景色です。

2つ目のスポットは山頂駅を降りた瞬間に訪れます。

 

ロープウェイの車窓とは異なる、圧巻の迫力を

感じることができるでしょう。

山頂駅の展望台が3つ目のスポットです。

 

オープンデッキの展望台からだと、樹氷原とともに

山々の遠景も眺めることができます。

一番のおすすめスポットが、山頂駅レストランから

眺める樹氷原の絶景です。

 

室内ですから、快適な空間の中で、ゆっくりと樹氷原を

楽しめることができます。

その他にも、ナイトクルージングや恋人の聖地など、

見どころは沢山あります。

 

ただし、これらの絶景も天候が全てですから

晴天であることを祈るばかりです。

極感で風の強い厳しい環境ですが、

それを超えるだけの絶景が、蔵王の樹氷の魅力なのです。

 

まとめ

蔵王の樹氷を見るには、山形駅からだと、

路線バスで蔵王温泉に向かう必要があります。

蔵王温泉からはロープウェイ又はリフトで

地蔵山山頂を目指します。

 

樹氷原へはバスツアーもありますので、こういったものを

利用するのも良い方法です。

樹氷原の絶景ポイントは、ロープウェイの場合車窓、

山頂駅、展望台、レストランの4つになります。

 

中でもレストランは、暖かい場所からゆっくりと

樹氷原を眺めることができるので、

格別のスポットといえます。

 

その他には、ナイトクルージングや恋人の

聖地といったスポットがおすすめです。

 

ただし、樹氷原の絶景は天候が全てですので、

晴天であることが、絶対条件になります。

山の天候は変わりやすいのですが、樹氷原に向かう際は、

天候をしっかりチェックすることが大切です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました