マスクに化粧がつかない方法とは?今すぐ試したいメイク崩れを防ぐには!?

マスク
スポンサードリンク

マスクはウイルスや花粉症から私たちを守ってくれるアイテムです。
感染予防や花粉症対策でマスクをする機会もありますよね。
ところでマスクをする際に悩ましいのが
メイク崩れという人も多いのではないでしょうか。

 

仕事や学校などで毎日メイクをしなければならない人にとって、
マスクを手放せない時期は、メイク崩れに悩んでしまうものです。

 

マスクを外すと、化粧が崩れてヨレてしまったり、ファンデーションがムラに
なってしまったりとなんだか残念な気持ちになってしまいますよね。

 

そもそもなぜマスクに化粧がついてしまうのでしょうか。
ここではその原因と今すぐにできるおすすめの対処法に
ついてご紹介していきたいと思います。

 

マスクに化粧がつくのは肌との摩擦が原因だった?

マスクに化粧がついてしまう原因のひとつが肌とマスクとの摩擦です。
マスクのサイズが顔に合っていなかったり、マスクのヒモがゆるく、
何度も装着するのを繰り返していると、摩擦によって化粧が
取れてしまいやすくなります。

 

朝、せっかく化粧をしてきたのに、マスクの裏を見ると、
ファンデーションがついてしまっているなんてことが
起こりやすくなるんです。

 

マスクが顔のサイズに合っていないことが影響しているため、
自分の顔の大きさに合ったサイズのものを装着し、マスクと肌との
摩擦を最小限に抑えることが大切になります。

 

自分に合ったサイズというのは、大きすぎず小さすぎず、
ほどよいフィット感があるものです。

 

女性であれば、男性用の大きいサイズのマスクを使うと、
サイズが大きいために摩擦が起こりやすくなるため注意が必要です。

 

また、布マスクの場合、何度か繰り返し洗っていると
ヒモが緩くなってしまいます。

 

そうするとうまく顔にフィットしづらく何度も装着しなおすことで
摩擦が生じてしまうため、ヒモが緩い場合は長さを調整して
使うことが大切です。

 

マスクで化粧がつかない方法!メイクはナチュラルに!

マスクをしていて化粧崩れしてしまうのは、マスク内の高温多湿な
状態によるムレも原因のひとつ。

 

ファンデーションを厚塗したり、コンシーラーをたくさん使ったり
するようなベースメイクはこのムレによって崩れやすくなります。

 

そのため、化粧崩れしにくいメイク術をマスターして
実践するというのがおすすめの対処法です。

 

ファンデーションはしっかりと肌に密着するものを選び、
薄めに均一に塗るよう心がけてみて下さい。

 

また、コンシーラーはリキッドタイプのものを
少量使うのがおすすめです。

 

仕上げにパウダーを使用すると化粧崩れしづらくなりますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

 

マスクで化粧がつかない方法!化粧崩れしないマスクを使ってみよう!

化粧崩れしないというのがキャッチフレーズとなっている
マスクを使ってみるというのもひとつの方法です。

 

ファンデーションがつきにくいプロテクト加工が施されていたり、
口紅がつかないような立体構造になっているものなどがおすすめ。

 

各メーカーでさまざまな商品が出ているので、
自分に合ったものを選べるとよいですね。

 

マスクでまつげが下がるのはなぜ?上向きのまつげを一日キープする方法とは?
マスクを一日付けていてふと鏡を見たときに、まつげが下がってしまっているといった経験がある人も多いのではないでしょうか。朝、せっかく時間をかけてカールさせたはずのまつげが下がってしまっていると、がっかりした気持ちになってしまいますよね。なぜマスクをつけているとまつげが下がってしまうのでしょうか。

マスクが暑い対策!この夏を涼しく快適に乗り切っていく方法とは?
暑い季節にマスクをしていると不快な気分にもなってきますのでここは工夫をしたいものです!マスクをした暑さ対策や暑くない方法などはいろいろあるものです!そこでこの記事ではマスクが暑い対策!この夏を涼しく快適に乗り切っていく方法とは?と題しまして様々な対策を提示していきたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

 

マスクをしていると、どうしても摩擦が生じたり、呼吸によってムレやすい
環境ができやすくなってしまうため、化粧が裏地についてしまいます。

 

しかし、これまでご紹介してきたように少しの工夫で、
化粧をつきにくくすることは可能です。

 

マスクのサイズやフィット感を意識してみる、
化粧の仕方を変えてみるといった方法をぜひ試してみてくださいね。

 

今回ご紹介した内容が参考になれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました