お役立ち情報

お役立ち情報

朝顔が発芽するまでの日数を短縮させるには?知らなきゃ損する!

朝顔は種まきをすると通常4、5日で発芽しますが、全てが発芽するわけではありません。高確率で発芽させるためには、種を一晩水に浸けるか、丸まった部分の外皮を芽切りして発芽しやすくします。また種まきの時期は気温が20℃~25℃となる5月初旬~6月中が良いでしょう。
お役立ち情報

朝顔を植える時期はいつ?正しい植え方とは?知ってるだけで大違い!

朝顔を植える時期は気温が20℃〜25℃となる5月中旬から6月下旬が最も適しています。ただし、朝顔の種は硬いので芽切りを施したり 水につけて柔らかくすることが必要となってきます。また、朝顔を植える用土は培養土や腐葉土などを使用し、根詰まりを起こさないよう植える種の数にも注意します。
お役立ち情報

朝顔の摘心を失敗させない方法とは?大成功するコツ有り!

朝顔が上手く栽培できないのは摘心が行われていない、若しくは方法が間違っている場合が圧倒的に多いのが実態です。摘心とは植物の成長を調整したりサポートするため、新芽を摘むことです。適性に摘心を行うには、親づる、子づる、孫づるの3回に分けて行います。 摘心を行っても朝顔が上手く育たないのは、摘心に失敗しているからです。
お役立ち情報

新生姜の旬の時期はいつ?知ってるだけで大違い!

新生姜は収穫した直後の生姜のことであり、乾燥させずにそのまま料理に使います。乾燥させた根生姜と比べて、辛みが少なくまろやかな味が特徴です。新生姜は6月~8月には店頭に並びますから、旬の時期は初夏だと思われがちです。しかし、実際は春頃に植えつけられ11月に収穫する秋の食材です。
お役立ち情報

かぼちゃの栽培に失敗しないためのコツとは?知ってるだけで大違い!

夏野菜の定番であるかぼちゃは、比較的失敗が少なく、初心者でも上手に栽培できるのが特徴です。栽培は気候にもよりますが、概ね3月中旬~5月中旬に種まきを行って6月下旬~9月上旬に収穫します。栽培に失敗しないためには土壌作り、種まき、整枝、追肥、人工受粉、病害害対策の6つのコツを覚えることです。
お役立ち情報

びわの挿し木を成功させる具体的な方法とは?知っておきたい!

びわを挿し木で栽培するには、温暖な気候であることが条件となります。さらに、成功率を上げるには、寒さに強い、クイーン長崎や大房といった品種を選びましょう。具体定な挿し木の手法としては、「密閉挿し木」が適しており、5月頃に行うのがおすすめです。
お役立ち情報

びわの実がならない理由と対処法とは?知ってるだけで大違い!

びわは種からだと、実がなるまでに7~8年は必要とされています。したがって、びわに実がならない場合は、十分に株が成長しているのか見極める必要があります。また、びわは花が咲いた後に実がなりますが、花芽や余分な枝が多いと実がならない原因となります。そこで重要なのが剪定時期とその方法となります。
お役立ち情報

びわは離乳食として赤ちゃんに食べさせても良いのか?知って安心!

びわは生後5~6か月のいわゆる離乳食初期の赤ちゃんに食べさせられる美味しい果物です。赤ちゃんにびわを食べさせるときには外皮を剥いて果実をしっかり潰さなければなりません。加熱すれば殺菌効果が期待できるとともに、お腹にも優しくなります。
お役立ち情報

びわの収穫時期とおいしい果実の見分け方!知らなきゃ損する!

びわは品種にもよりますが、5月初旬から6月下旬までが収穫時期になります。まさに初夏を代表する果物ですが、原産国は中国であり、日本では江戸時代末期から栽培されています。品種で言えば最も代表的な茂木びわが5月中旬から6月初旬が収穫時期になります。
お役立ち情報

びわの種まきに最適な時期と注意点とは?知ってるだけで大違い!

びわの種まきは、4月から5月が適しており、びわを食べる際に取り出した種でも栽培できます。びわの種まきにおける注意点は、温暖な場所で栽培することです。種まきに際しては、土壌に深さ3㎝程度の穴を開け、そこにびわの種を埋め込みます。発芽して大きくなったら、剪定を行うとともに、害虫対策を行いましょう。
タイトルとURLをコピーしました