お役立ち情報

お役立ち情報

路面凍結した坂道を車で走行するときのポイントとは?

路面凍結した坂道を安全に車で走行するには、上り坂では高いギア、下り坂では低いギアを使います。さらに、上り坂では急加速などを極力避けて、ホイルスピンを起こさないよう注意します。一方、下り坂ではエンジンブレーキを有効に使い、ハンドルをコントロールすることがスリップしない秘訣です。また、路面凍結でスリップするのは、路面とタイヤが摩擦することで生まれた水膜が、 タイヤを路面から受かせることが原因です。
お役立ち情報

路面凍結時にバイクで走行する際の有効な対策とは?必見!

バイクで路面凍結時に走行するには、急ブレーキ、急発進、急加速といった3つの「急」を回避することが大切です。凍結した路面はタイヤとの摩擦で水膜を発生させ、タイヤを路面から浮かせてしまいますから、それに対応できる運転をしなくてはなりません。バイクの路面凍結時の転倒対策として、スパイクタイヤやスタッドレスタイヤの使用を検討してみるのも良いでしょう。
お役立ち情報

雪道をノーマルタイヤで走行する限界とは?上り坂や事故は大丈夫?!

この記事では雪道をノーマルタイヤで走行する限界とは?上り坂や事故は大丈夫?!と題しましてご紹介してきました。傾斜の大きい上り坂の雪道であれば、積雪3cmでも登ることができなくなりますし、下り坂になるとハンドルコントロールがとても難しくなります。
お役立ち情報

路面凍結時に慌てないノーマルタイヤ対策とは?どうしたらいい?

路面凍結時にノーマルタイヤで走行しなくてはならない場合、徐行運転、ハンドル操作、ブレーキ操作、車間距離に十分過ぎるほどの注意が必要です。とりわけ路面凍結時は、気持ちに余裕がなくなり、煽られたりすると焦ってしまいがちですが、焦ってスピードを上げたり、急ブレーキを踏むと大きな事故につながりかねません。
お役立ち情報

カーリングのストーンの大きさが重要な理由とは?素材についても詳しく!

カーリングにおいてストーンは勝敗に大きく影響します。そのため、ストーンの大きさは、外周が91.44cmに決められており、この時直径は29.12cmです。カーリングで使われるストーンの材質はスコットランドアレサクレイグ島のブルーボーン花崗岩です。ブルーボーン花崗岩は他の花崗岩と比較すると鉱物粒子が非常に細かく強度と均質さに優れています。
お役立ち情報

カーリングにおけるスチールとはどんな意味?勝敗のポイントになる?

カーリングのルールにおいて「スチール」とは先攻の際に得点を重ねることであり、勝敗に大きな意味を持つポイントになります。カーリングは、そのゲームの性質上、先攻が有利になっていますから、得点を獲得したチームがジエンドでは先攻となります。
お役立ち情報

カーリングのルールにおけるエンドの意味と役割とは?知ると面白い!

カーリングにおけるエンドとは1ゲーム中の1つの区切りを表し、10エンドで勝敗を決します。すなわち野球ではイニング、ボーリングではフレームと同等の意味となります。しかしながら、カーリングではエンドを取ったチームが次エンドでは不利な先攻となるルールが適用されています。
お役立ち情報

カーリングにおける掛け声「ヤップ」の意味と役割とは?

カーリングの試合でよく聞かれる「ヤップ」は単なる掛け声ではなく「掃け」といった重要な意味を持っています。カーリングの試合ではスキップ、ショットする者、スウィープする者に役割が明確に分かれています。スキップはキャプテンとしてゲームプランを組み立て、他の3人に指示を出します。
お役立ち情報

カーリングの点数の付け方のポイントとは?知って楽しい!

カーリングにおける、点数の付け方のポイントは、一番ハウスにストーンを近付けたチームだけが得点されることです。あわせて、相手のストーンの内側の数が得点になりますから、2、3番目に近づけることも勝敗を大きく左右します。つまり、エンドで得点を得ることができなくとも2番目にストーンを置けば失点は最小限となります。
お役立ち情報

カーリングにもぐもぐ(おやつ)タイムがなぜ必要なのか?知ると面白い!

カーリングのもぐもぐ(おやつ)タイムは女子会にも例えられ、「なぜ」と感じる人も少なくありません。もぐもぐ(おやつ)タイムは正式には「デッドタイム」と言い、第5エンド終了後に7分間設けられています。これは、カーリングの試合時間が2時間を超えることから、休憩タイムとして設けられたものです。
タイトルとURLをコピーしました