びわ湖毎日マラソンに優勝賞金や賞金はあるのか?

マラソン
スポンサードリンク

びわ湖毎日マラソンは、Project EXCEEDの対象に

なっていますから、日本記録を更新すると

1億円の賞金を手にすることができます。

 

【2020年3月2日追記】

東京都内で1日に開催された東京マラソンで、
大迫傑(ナイキ)が日本新記録を出すなど好記録が
相次いだ影響で、競技活性化を目的に日本実業団陸上競技連合などが
大迫への1億円の報奨金を含め複数の選手らに計1億7000万円を
贈ることになり、残額が約800万円に激減した。
残りの対象レースは8日のびわ湖毎日と名古屋ウィメンズの
2レースだが、日本新記録が出ても報奨金1億円を贈ることはできず、
同連合事務局は「うれしい誤算」と話す。

 

これまでも2018年には東京マラソンで設楽悠太選手、

シカゴマラソンでは大迫傑選手が、

それぞれ1億円を獲得しています。

 

残念ながらびわ湖毎日マラソンで1億円を獲得した

選手は現れていませんが、東京オリンピックが

近づいていますので、さらに獲得者が

現れることに期待したいですね。

 

びわ湖毎日マラソンの賞金の仕組みとは?

びわ湖毎日マラソンでは、主催者側の賞金はありませんが、

日本実業団陸上競技連合から報奨金が出ることになっています。

これは、Project EXCEEDというプロジェクトの一環ですが、

目的は東京オリンピックでの日本選手のメダル獲得です。

 

このProject EXCEEDは、全てのマラソン大会で

適用されるものではなく、また、優勝さえすれば

獲得できるといったものではありません。

まず、適用される国内マラソン大会は次のとおりです。

 

(男子)

福岡国際マラソン

別府大分毎日マラソン

東京マラソン

びわ湖毎日マラソン

 

(女子)

さいたま国際マラソン

大阪国際女子マラソン

名古屋ウィメンズマラソン

 

したがって、びわ湖毎日マラソンは、

Project EXCEEDの対象レースになりますね。

賞金の獲得条件は2種類となります。

 

(マラソン日本記録「突破」褒賞制度)

・男子:マラソン日本記録突破

・女子:マラソン日本記録突破

※日本記録が更新された場合はその時点の日本記録

 

・選手1億円(同一レース下位での突破1,000万円)

・監督、チーム5,000万円(同一レース下位での突破500万円)

 

・日本陸連に登録されている日本人選手

※参加資格は実業団登録の有無に拘らない

 

・日本陸連が承認した国内大会

・日本陸連が登録選手に参加を許可し記録が公認される海外大会

・オリンピック、世界陸上選手権大会、アジア大会

 

(マラソン日本記録「挑戦」褒賞制度)

・男子【設定A】2時間 6分59秒以内

・男子【設定B】2時間7分台

 

・女子【設定A】2時間21分59秒以内
・女子【設定B】2時間22分台

※対象となる記録は原則として2年ごとに見直し。

 

・選手【設定A】1,000万円【設定B】500万円

・監督・チーム【設定A】500万円【設定B】250万円

 

・日本陸連が承認した国内大会

 

「突破」「挑戦」とも、決して簡単な条件ではありませんが、

選手やチームにとって大きな目標になることに間違いありません。

東京マラソンの優勝賞金はいくら?高額賞金はどこから出てる?
東京マラソンの賞金はいくらでどこから出ているのか、非常に興味深い話題ですが、上位入賞者には主催者から賞金が出されます。また、これとは別に2015年からは、日本記録を樹立した選手に対して、日本実業団陸上競技連合が報奨金1億円を授与しています。

2018年には東京マラソンで設楽悠太選手、シカゴマラソンで大迫傑が、

日本記録を突破し1億円を得ていますので、今後、さらに記録更新が

期待されますね。

スポンサードリンク

びわ湖毎日マラソンに賞金が出る理由とは?

海外のマラソン大会では通例となっている賞金授与ですが、

日本国内では2009年から、日本陸連理事会で解禁されることが

決定しました。

ただし、解禁となったのは、男女の次の主要6レースのみです。

 

・福岡国際

・びわ湖毎日が男子

・横浜国際

・大阪国際

・名古屋国際が女子

・東京マラソンが男女

 

これまでも、外国人選手には出場料や賞金が支払われ、

日本選手に対しても強化費などが支給されていました。

しかしながら、成績上位のものに、賞金が出されたことは

ありませんでした。

 

この流れに同調したのが東京マラソンであり、男女の優勝者に

800万円のほか10位までに賞金が出ています。

 

そして、こうした経緯を経て開設されたのが、

2020東京オリンピックでの日本人のメダル獲得のため

発足したProject EXCEEDです。

 

つまり、びわ湖毎日マラソンもProject EXCEEDの

対象レースとなっていますので、

賞金が獲得できるようになったのです。

 

まとめ

びわ湖毎日マラソンでは、日本陸連が主催する

Project EXCEEDによって賞金が出ることになっています。

これは、2020東京オリンピックでの日本人選手の

メダル獲得を目指したものです。

 

日本陸連が指定する大会で日本記録を突破すれば

ランナーには1億円、チームや監督に5,000万円が

支給されます。

 

残念ながら、びわ湖毎日マラソンで1億円の

賞金は出ていません。

 

しかしながら、オリンピックイヤーが近づくにつれ、

日本記録を突破するランナーが現れることに

期待したいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました