東京マラソンにおいての芸能人枠やタイムや結果について調査!

マラソン
スポンサードリンク

東京マラソンには多くの芸能人が参加していますが、

芸能人枠は存在しません。

 

2007年にスタートした東京マラソンは、東京都の

主要な観光地を巡るコースと世界のトップランナーが

集まることから、大変な人気を博しています。

 

中には猫ひろしさんやハリー杉山さんら芸能人の姿も

数多く見られます。

芸能人については、別に参加枠があると思われがちですが、

実際には芸能人の特別枠などはないようです。

 

東京マラソンに芸能人枠が設けられない理由とは?

 

東京マラソンには、毎年多数の芸能人が参加しており、

いわゆるDブロックは芸能人枠だという噂もあります。

しかしながら、芸能人枠は存在せず、

一般の参加者と同じように抽選での参加になります。

 

それにしても、芸能人が多く感じられるのは、

芸能人というだけで、他の参加者より目立つという

側面があるようです。

 

また、芸能人枠ではないにせよ、テレビ番組やイベントの

関係で申し入れがあれば個々に精査し参加を

承認している事例もあります。

 

特にテレビ番組などは、大々的に報じられますから、

芸能人が多いように感じられるのかもしれません。

また、芸能人を特別扱いする

「芸能人枠」を設けることができない事情もあります。

 

東京マラソンに参加する倍率は、年々右肩上がりで

高くなっており、2007年当時が9%台だったものが、

ここ数年は12%を超えています。

 

もちろん、芸能人の中にも東京マラソンに出たいという人は

たくさんいますから、芸能人枠を設けると、

一般のランナーの枠を削らなくてはなりません。

 

そうすると、都民の不満の声も大きくなりますし、

どの芸能人に芸能人枠を与えるのか、

といった問題も生じます。

 

こういった理由からも、東京マラソンで芸能人枠を

設けることは、実質不可能と言えるのです。

スポンサードリンク

東京マラソンに参加する芸能人の活躍が素晴らしい!

東京マラソンには芸能人枠はありませんが、

一般参加や番組の枠で参加する芸能人の中には、

アスリート顔負けのランナーも少なくありません。

その代表格は、なんといっても猫ひろしさんですね。

 

猫ひろしさんは、テレビ番組のマラソン企画でも

上位に食い込んでおり、その実績から、

様々なレースに参加し、カンボジア国籍まで取得しています。

 

さらに猫ひろしさんは、東京マラソンでは

2時間29分34秒を記録していますが、

これは現役時代の増田明美さんと遜色ありませんから、

いかに本気でトレーニングしているかがよくわかりますね。

 

ものまね芸人のM高史さんは、東京マラソンの

チャリティーアンバサダーを務めていますが、

3時間18分41秒の好タイムで完走しています。

 

女性ではタレントの福島舞さんの記録が特筆しており、

東京マラソン2018では2時間57分31秒という

素晴らしいタイムを叩き出しています。

東京マラソンでのペースメーカーとは?4時間を刻むペースメーカー待望される理由!
東京マラソンには3段階のペースメーカーがいますが、市民ランナーが4時間で完走するためのペースメーカーはいません。 ペースメーカーの役割は、高水準かつ均等なペースを守りながら走り続けることで、選手たちのタイムを引き上げることです。数多くの招待選手が参加しております。

福島舞さんは姉の福島和可菜さんとともに、

陸上自衛隊に勤務していた経歴の持ち主

ですから、体力には相当自身があるのかもしれません。

 

いずれにせよ、東京マラソンに出場する芸能人は、

いずれも、しっかりとしたトレーニングを積んで

参加していることがよくわかりますね。

 

まとめ

東京マラソンには、多くの芸能人が参加していますが、

公平性を保つため、いわゆる「芸能人枠」は存在していません。

したがって、一般参加かテレビ番組などの企画により

参加となります。

 

一般参加の芸能人には、猫ひろしさんやハリー杉山さん、

福島舞さんらがいますが、いずれもしっかりとした

トレーニングを積んで参加しています。

 

東京マラソンを走るということは、芸能人にとっても

大切で貴重な経験になりますし、憧れのの場所でもあるのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました