別府大分毎日マラソンの完走率が低いのは天候や制限時間との関係?

マラソン
スポンサードリンク

別府大分毎日マラソンの完走率は、2018年大会では87.53%でした。

2017年大会の完走率が87%を少し

下回る程度でしたから、概ね前年並みとなりましたが、

低い完走率であったことに変わりありません。

 

別府大分毎日マラソンの完走率が低い理由は様々ですが、

その一つにコースの厳しさや天候などがあげられます。

そこで、別府大分毎日マラソンの完走率が低い理由や

その要因について紹介します。

東京マラソンでのペースメーカーとは?4時間を刻むペースメーカー待望される理由!
東京マラソンには3段階のペースメーカーがいますが、市民ランナーが4時間で完走するためのペースメーカーはいません。 ペースメーカーの役割は、高水準かつ均等なペースを守りながら走り続けることで、選手たちのタイムを引き上げることです。数多くの招待選手が参加しております。

別府大分毎日マラソンの完走率と制限時間の関係とは?

別府大分毎日マラソンの完走率は、天候などにも左右されますが、

概ね80%台後半で推移しています。

この完走率は、国内の主要なマラソンレースの中では

厳しい部類に入ると言わざるを得ません。

 

ちなみに国内のメジャーなマラソンの完走率を調べてみると次の通りです。

 

東京マラソン(2018.2.25)…96.30%

(35,911人中34,575人完走)

 

大阪マラソン(2017.11.26)…97.80%

(30,011人中29,345人完走)

 

神戸マラソン(2017.11.19)…96.14%

(19,709人中18,949人完走)

 

北海道マラソン(2017.8.27)…80.70%

(15,686人中12,659人完走)

 

名古屋ウィメンズマラソン(2018.3.11)…96.50%

(21,915人中321,145人完走)

 

別府大分毎日マラソン(2018.2.4)…87.53%

(3,345人中2,945人完走)

 

こうしてみると、北海道マラソンの80.70%を除くと、

軒並み95%を超えていることがわかりますね。

フルマラソンの完走率を左右するのは制限時間、

気温、コース、参加資格の4つの要因が考えられます。

 

こう考えると、別府大分毎日マラソンの参加資格は、

一般参加においても、持ちタイムは3時間30分以内が

求められていますから申し分ないといえます。

 

ただし、制限時間についても出場時間と同じ

3時間30分が設定されているのです。

 

東京マラソンや大阪マラソン、神戸マラソンなどは、

多くの市民が参加することから制限時間は5〜7時間に

設定されているので完走率が必然的に高くなります。

 

東京マラソンのペースメーカーは誰が務めるのか?実は五輪代表選手も!
東京マラソンでは男子7人、女子3人のペースメーカーがつきますが、実は、直前まで誰がペースメーカーになるのかわからないのが実態です。ただし、過去の例から見ると、日本国内外合わせて、現役のトップランナーが招待されることは間違いありません。日本人選手の強化を目標の一つとしており、ペースメーカーの役割も認識しています。

 

つまり、別府大分毎日マラソンは、ベストタイムではなく、

平均で3時間30分をクリアできるランナーでなければ、

完走することはできないのです。

スポンサードリンク

別府大分毎日マラソンの完走率と天候・コースの関係とは?

別府大分毎日マラソンが他のマラソンレースよりも

完走率が低い理由は、制限時間が3時間30分と非常に

短いことがあげられます。

 

別府大分毎日マラソンと同じく、北海道マラソンも完走率が

低いレースですが、制限時間は5時間と比較的長めに

設定されています。

 

コースを見ても、いわゆる「心臓破り」と呼ばれるような

アップダウンも少なく、完走率に影響するとは思えません。

しかしながら、これだけタイムを崩すのは、ひとえに

気温が高いことがあげられます。

 

北海道マラソンは、他のマラソンとは異なり真夏に

開催されるレースであることから、完走率に大きく

影響しているのです。

 

これを、別府大分毎日マラソンに当てはめると、

コース自体に比較的アップダウンは少ないのですが、

海岸線を走るため、海風の影響を受けやすいのが

難点です。

 

東京マラソンの距離表示の位置や完走のポイントはどこにあるのか?
東京マラソンの距離表示は1kmごとに看板が設けられており、5kmごとにタイム計測のラインがあります。2007年に第1回が開催された東京マラソンも2018年で12回目を迎えました。その間、様々なコースの見直しが行われ、2017年からが東京駅がゴールとなっています。

 

気温については真夏の開催ではありませんが、

真冬の開催になりますから、北海道マラソンとは反対の意味で

過酷なレースだと言えます。

 

つまり、別府大分毎日マラソンの完走率は、制限時間、コース、

気温に影響を受けていることが、よくわかりますね。

 

吉田祐也の出身高校はどこ?眉毛について!
青山学院4年生の吉田祐也選手が2020年2月2日の別府大分毎日マラソンで2時間8分30秒の好記録で全体で3位、日本人選手では1位でフィニッシュしました!吉田祐也選手は2020年1月2日の箱根駅伝で4区を快走して区間新記録を樹立しています。吉田祐也選手の①出身高校はどこ?②眉毛について書いていきたいと思います。

まとめ

別府大分毎日マラソンの2018年の完走率は、

87.53%(3,345人中2,945人完走)

であり、東京マラソンの96.30%などと比較すると、

非常に低いことがわかります。

 

マラソンの完走率に影響を及ぼす要因としては、

制限時間、気温、コース、参加資格があげられます。

参加資格については、一般参加でも3時間30分以内の

持ちタイムが必要ですから、申し分ありません。

 

ただし、制限時間も3時間30分であり、加えてコースは

海風の影響を受けやすく、真冬に開催される

レースですから、タイムが伸びにくい傾向にあります。

 

つまり、別府大分毎日マラソンは、制限時間が厳しく、

コースは海風の影響を受けやすく、また、真冬に

開催されることから、完走率が伸びない過酷な

レースだと言えるのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました