東京マラソンにおけるペースメーカーの報酬はどのくらいなのか?

マラソン
スポンサードリンク

東京マラソンでは3段階に分けてペースメーカーを

配置しますが、彼らには数十万円以上の報酬が

支払われていると予想されます。

 

最近、マラソン国際大会では、必ずと言っていいほど、

ペースメーカーが先頭集団を引っ張っています。

 

30km付近までとはいえ、世界のトップランナーを

相手に走るのですから、当然、アマチュアのランナーでは

ありません。

 

それだけに、報酬も高額になり、1レースで200万円の報酬

受け取っているペースメーカーも珍しくはないのが実態です。

 

東京マラソンにおけるペースメーカーの報酬が高額になる理由とは?

東京マラソンでは10人程度のペースメーカーが

30km地点まで走りますが、全員、報酬が支給されており、

最高額は100万円前後と推定されています。

 

フルマラソンにおけるペースメーカーの役割は、

一定のペースで先頭集団を引っ張ることで、

ランナーのタイムを向上させることと、風避けだと

考えられています。

 

つまり、ペースメーカーの役割は記録更新のためにも

非常に重要であり、実際、ペースメーカーのおかげで、

タイムが向上した選手は枚挙にいとまがありません。

 

そのため、ペースメーカーには、世界でも

トップレベルのランナーが多く、自身のレースの合間に

ペースメーカーで稼いで、自身の強化費用あてているのです。

東京マラソンのペースメーカーは誰が務めるのか?実は五輪代表選手も!
東京マラソンでは男子7人、女子3人のペースメーカーがつきますが、実は、直前まで誰がペースメーカーになるのかわからないのが実態です。ただし、過去の例から見ると、日本国内外合わせて、現役のトップランナーが招待されることは間違いありません。日本人選手の強化を目標の一つとしており、ペースメーカーの役割も認識しています。

ペースメーカーの報酬は、その大会の賞金や規模、

運営経費によって大きく影響されています。

というのも、ペースメーカーになれる選手は、

レースに出場しても、好成績を上げられる選手が大半です。

 

つまり、実際にレースに出ていたと仮定し、

入賞した賞金レベルの報酬を得ないと割に

合わなくなるのです。

 

そうすると東京マラソンの優勝賞金は800万円、

中間の5位の選手が75万円ですから、大きな金額に

なることは間違いありません。

スポンサードリンク

東京マラソンのペースメーカーの特徴と役割とは?

東京マラソンのペースメーカーが日本の他の

マラソン大会とは異なり、次のとおり3段階の

ターゲットに分かれているのが特徴です。

 

①2分5455秒=世界記録(2時間0257秒)ターゲット

②2分58秒=日本記録(2時間0616秒)ターゲット

③3分00秒=2時間6分台後半~7分台ターゲット

 

これらは、いずれも世界記録や日本記録といった

好成績を意識しての措置ですが、当然、ペースメーカーも

世界のトップランナーが務めています。

 

最近では、東京マラソン2017に、ロンドン五輪5000メートル、

1万メートル代表の佐藤悠基選手(日清食品グループ)が、

ペースメーカーを務めたことでも話題になりました。

 

この時の報酬額は明らかにされていませんが、

藤選手はもちろん、チームにも強化費用として報酬が

支払われている可能性は非常に高いと言えます。

 

陸上は儲からないスポーツと言われており、

個々の選手の強化費などの捻出も大きな課題と

なっています。

 

そこで、東京マラソンなどでペースメーカーを務め、

その報酬を選手の強化費用にあてるのは、

当然のことなのかもしれません。

 

まとめ


東京マラソンでは、毎年約10人のペースメーカーが走りますが、

全て世界的なトップランナーであり、高額な報酬額が支払われていると

予想されます。

 

ペースメーカーの役割は、レース自体に質を上げること、

風避けになることがあげられます。

 

そこで、東京マラソンでは、世界記録、日本記録、

2時間67分台の3つのターゲットにペースメーカーを

振り分けて記録が達成しやすい環境を作っています。

 

もちろん、ペースメーカーを務めるランナーは現役選手が

大半であり、自分のレースの合間にペースメーカーで稼ぎ、

自己の強化費用としているのです。

 

したがって、東京マラソンにおけるペースメーカーの

役割は、選手にとってもペースメーカー本人にとっても

非常に重要なものであることは言うまでもありません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました