別府大分毎日マラソンにペースメーカーはなぜ導入されているのか?

マラソン
スポンサードリンク

別府大分毎日マラソンでは、2004年の第53回大会から

正式にペースメーカーを導入しています。

 

ペースメーカーを導入することで、

タイムの底上げを行うことができますし、

風除けにもなってくれますから、

ランナーにとっては大きなメリットがあります。

 

今や国内外の主要なレースではほとんど採用されている

ペースメーカーですが、ランナーだけでなく、

ペースメーカーにも様々なメリットがあります。

 

そこで、別府大分毎日マラソンにおける

ペースメーカーの役割やトピックをまとめてみました。

東京マラソンにおけるペースメーカーの報酬はどのくらいなのか?
東京マラソンでは3段階に分けてペースメーカーを配置しますが、彼らには数十万円以上の報酬が支払われていると予想されます。最近、マラソン国際大会では、必ずと言っていいほど、ペースメーカーが先頭集団を引っ張っています。30km付近までとはいえ、世界のトップランナーを相手に走るのですから、アマチュアのランナーではありません。

別府大分毎日マラソンにおけるペースメーカーの役割とは?

 

別府大分毎日マラソンにおいてペースメーカーは30km地点まで走り、

レース全体の牽引を行います。

これは、どのマラソン大会にも言えることですが、

大会のタイムを決定づけるのは先頭集団の走りにかかっています。

 

しかしながら、ランナー達はタイムよりも順位にこだわりますから、

ランナー間で牽制し合い、思いもよらないスローペースに

なることもあります。

 

これではマラソン界全体の底上げにはなりませんし、

とりわけ、代表選考レースでは、タイムによる基準が曖昧になり、

公平な選考ができなくなります。

 

そこで、ペースメーカーが風除けとなり先頭集団の

ペースをコントロールし、大会ごとでタイムのアンバラが

起きないようにしているのです。

 

別府大分毎日マラソンの完走率が低いのは天候や制限時間との関係?
別府大分毎日マラソンの完走率は、2018年大会では87.53%でした。 2017年大会の完走率が87%を少し下回る程度でしたから、 概ね前年並みとなりましたが、低い完走率であったことに変わりありません。

 

別府大分毎日マラソンでは、5kmを15分5秒から

10秒のペースを保つことで、レース全体の底上げに

はつながっているのです。

スポンサードリンク

別府大分毎日マラソンでペースメーカーが起こしたハプニングとは?

別府大分毎日マラソンでは欠かせない存在である

ペースメーカーですが、これまでにはハプニングもありました。

2004年の第53回大会はペースメーカーが

別府大分毎日マラソンで始めて導入されました。

 

この大会で、ペースメーカーを務めたのが、第52回大会で優勝した

サムソン・ラマダーニ選手ですが、途中から独走してしまい、

40km地点でコーチに止められています。

 

当然、サムソン・ラマダーニ選手もルールは

わかっていたと思いますが、

前年優勝者だけに血が騒いだのかもしれません。

 

2007年大会では、ペースメーカーのペースが安定せず

参加ランナー達が大いにペースを崩されたという

ハプニングも発生しています。

 

別府大分毎日マラソンの優勝賞金はどのくらい?見どころについて!
別府大分毎日マラソンには、大会独自の賞金はありません。しかしながら、日本実業団陸上連盟が主催する、「Project EXCEED」において、日本記録などを更新すれば褒賞金が授与されます。最近、マラソン大会で1億円の賞金獲得が話題となっていますが、実は大会主催者からではなく、「Project EXCEED」から贈られていたものなのです。

 

本来、ペースメーカーが5kmを15分5秒から15秒ペースで

走るところ、大半の区間で15分15秒から20秒ペースだったので、

戸惑うランナーも少なくありませんでした。

 

もちろん、ペースメーカーは、国内外の一流ランナーですが、

どうしても好不調の波はありますから、こういった結果に

なったのかもしれません。

 

ペースメーカーの出来次第で、タイムは大きく変わりますから、

ハプニングが起こると話題にはなりますが、ランナーにとっては

大きな問題ですね。

 

吉田祐也の出身高校はどこ?眉毛について!
青山学院4年生の吉田祐也選手が2020年2月2日の別府大分毎日マラソンで2時間8分30秒の好記録で全体で3位、日本人選手では1位でフィニッシュしました!吉田祐也選手は2020年1月2日の箱根駅伝で4区を快走して区間新記録を樹立しています。吉田祐也選手の①出身高校はどこ?②眉毛について書いていきたいと思います。
東京マラソンでのペースメーカーとは?4時間を刻むペースメーカー待望される理由!
東京マラソンには3段階のペースメーカーがいますが、市民ランナーが4時間で完走するためのペースメーカーはいません。 ペースメーカーの役割は、高水準かつ均等なペースを守りながら走り続けることで、選手たちのタイムを引き上げることです。数多くの招待選手が参加しております。
東京マラソンのペースメーカーは誰が務めるのか?実は五輪代表選手も!
東京マラソンでは男子7人、女子3人のペースメーカーがつきますが、実は、直前まで誰がペースメーカーになるのかわからないのが実態です。ただし、過去の例から見ると、日本国内外合わせて、現役のトップランナーが招待されることは間違いありません。日本人選手の強化を目標の一つとしており、ペースメーカーの役割も認識しています。

まとめ

別府大分毎日マラソンでは、2004年の第53回大会より

ペースメーカーが導入されています。

 

別府大分毎日マラソンのペースメーカーは、

国内外の一流ランナーが務めており、

先頭集団をコントロールすることで、

レース全体の質を高めています。

 

ペースメーカーは30km地点まで15分5秒から15秒の

ペースでレースを引っ張ることになっています。

 

しかしながら、別府大分毎日マラソンでは、

40km地点までペースメーカーが独走したり、

ペースが遅すぎてランナーが困惑するといったハプニング

ありました。

 

別府大分毎日マラソンは、2020東京オリンピックの

代表選考にも関わる、重要なレースに選ばれています。

 

それだけに、ペースメーカーの役割はさらに

重要になりますから、ハプニングよりも安定した走りを

期待したいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました