路面凍結(道路の氷)を溶かす方法はコレ!溶けるのを待つよりも簡単!

お役立ち情報
スポンサードリンク

路面凍結(道路の氷)の溶かし方で、最も有効なのは、融雪剤を散布することです。
しかしながら、融雪剤のほかにも、塩や土、炭を撒く方法やポリ袋に雪を
入れる方法などを理解しておくと、いざという時に慌てません。

 

路面凍結時に無防備に歩いたり、自動車やバイクに乗車すると、スリップ事故などを
引き起こしますから、適切な溶かし方を知っておくことが大切です。

 

路面凍結(道路の氷)の効率的な溶かし方は融雪剤!

路面凍結(道路の氷)を効率的な溶かし方としては融雪剤を散布することが挙げられます。
これは、融雪剤に含まれる塩化カルシウムが、水に溶けることで凝固点降下が
引き起こし凍結する温度を低下させることによります。
つまり、凍結が始まる温度が低下すれば、例え0℃をであっても路面凍結は起こりません。

 

加えて塩化カルシウムが水に溶ける際に発生する溶解熱も、アイスバーンを溶かす
効果があります。
融雪剤には塩化カルシウムのほかに、塩化ナトリウムや塩化マグネシウムを
主成分とする製品も出回っていますが、基本的な仕組みは同じです。

 

ただし、いくら融雪剤といえども、凍結する温度が下げれるのは数℃から十数℃ですから、
路面温度が低すぎると効力が発揮できません。
加えて、塩害の問題もあります。
融雪剤を散布すると、鉄製品や植物、コンクリートに大きな影響を及ぼすのです。

 

そのため、最近では酢酸カルシウムやマグネシウム、尿素などを使用した
融雪剤も開発されていますが、コストや異臭などの問題が残っています。

融雪剤以外の路面凍結(道路の氷)の溶かし方とは?

路面凍結の溶かし方には融雪剤の散布の他にも、いくつかの方法があります。
その代表的な溶かし方が、塩を撒くことです。

 


塩の主成分は「塩化カルシウム」ですから、自宅にある塩でも効果は期待できます。
アイスバーンや積もった雪に直射日光が当たっているにも関わらず、
なかなか解けない場合があります。
これは、雪やアイスバーンが日光を反射してしまい、熱が伝わらないことが原因です。

 

そこで、雪やアイスバーンに黒いポリ袋をかぶせるのも路面凍結の
溶かし方としては有効です。
また、同様な方法として、土や炭を撒く方法もあります。

 


ただし、これらの方法は、日光の熱エネルギーを利用しますから、夜間や日差しがない
場合には効果は期待できません。
その他にも、雪やアイスバーンに直接、お湯をかける方法を考える人も少なくありません。

 

自動車が凍結した際にも使われる方法ですが、道路となると大量のお湯が必要ですから、
あまり現実的ではありませんが、効果は期待できます。
路面凍結の溶かし方として有効なのは、融雪剤を散布することですが、主成分である
塩化ナトリウムの影響もしっかりと考慮しておくことが大切です。

 

融雪剤がない場合には、家庭用の塩で代用することも可能ですし、ホームセンター
などでは融雪用の塩も販売されています。

 

日差しがあるにも関わらず、路面凍結が解消されない場合、路面が日差しを
反射していることが考えられます。

 

こういった場合は、路面をポリ袋で覆ったり土や炭を撒くのも効果的です。
また、お湯を使って雪やアイスバーンを溶かすことも可能ですが、
広範囲にわたる場合、大量のお湯が必要となります。

 

路面凍結は放置しておくと、思わぬ事故を引き起こすことがありますから、
雪やアイスバーンの状況を見ながら最適な方法で対処することが大切です。

路面凍結(道路の氷)にお湯をかけても大丈夫なのか?

路面凍結(道路の氷)にお湯をかけても大丈夫なのか?気になりますね!
これは一言で言うと雪の量によるところが大きいのかなと思います。

 

気温が低かったり、雪の量が多かったりする場合では、凍結の恐れがあるので
お湯をかけるのは危険な状況になるかと思います。
しかし積もった雪の量が少量で、再凍結の恐れがないような場合であれば、
お湯を使って雪を溶かしても問題はないでしょう。

しかし水でもお湯でも、雪を溶かす効果はそこまで変わらないと言われています。
逆に積雪で足元が不安定な状況の下で、転倒によるやけどの恐れもある熱湯を使うのは、
あまりおすすめできない事も事実としてあります。
大事なのはお湯をかけて雪が全て溶けるような場合であれば大丈夫という事ですね!

 

雪の量がかなり多い場合は、お湯や水を使ってもなかなか溶けないので、
一番確実な方法はシャベル等で雪を1か所に集め、徐々に崩しながら溶かしていくのが
確実で安全ですね。

路面凍結は何度で溶ける?

雪は気温では溶けないと言われていています。
何で一番溶けるかと言えば日光ですね。
ですので-5℃くらいでも,日差しが強ければ雪は溶けていきますますし、
+2℃くらいでも夜にはほとんど溶けないのはそのためです。

 

理由としては気温がある程度あっても空気が動かなければ、雪と接している部分の
気温はほとんど0℃になるからです。
昼間であれば外気温がプラス2度以上になれば溶け始めるのが普通ですね。

 

路面凍結の他の詳しい情報の記事は下記をご覧下さい!

まとめ

この記事では路面凍結(道路の氷)を溶かす方法はコレ!溶けるのを待つよりも簡単!と
題しましてご紹介してきました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました