カーリングの靴底が左右で別々の性質を持っている理由とは?

カーリング
スポンサードリンク

カーリングの靴底は左右で役割が異なるため、片方は滑りやすい素材、

もう一方は滑りにくい素材で作られます。

これは、カーリングの試合において氷上を「滑る」「蹴る」

といった対照的な動作を必要としていることに関係しています。

 

そのため、両方とも同じ性質だと、満足できるパフォーマンスが

得られなくなります。

そこで、対照的な素材を使用してカーリングの試合に適した

靴を使用しているのです。

カーリングの靴底が左右で異なることのメリットとは?

カーリングの靴は左右で「滑りやすい素材」と

「滑りにくい素材」といった対照的な素材で作られています。

ちなみに、滑りやすい方はテフロンやステンレススチール

といった素材が使われています。

 

一方、滑りにくい方は軟質なゴムが使用されることが

一般的となっています。

こういった、靴にする理由には、カーリングで選手が求められる

「動き」にあります。

 

カーリングは4人のチーム編成で、ショット、スウィープ、スキップの

役割があります。

とりわけ、ショットは実際にストーンをハウスに投げ込み、

スキップの要望に応える必要があり、とても大切な役割です。

 

テレビでカーリングを観戦しているとショットが膝を立て、

上体を低くくしてストーンを投げ込んでいるのが映し出されます。

 

このとき、氷上を滑りながらストーンをタイミングよく

投げ込むことが重要になりますが、この動きこそ「靴」に

関係しています。

 

つまり、膝を立てた方を滑りやすくし、もう一方の足は滑りにくくして

氷上を蹴りやすくすることで、ショットが安定するのです。

スポンサードリンク

カーリングの靴底の左右で異なる役割とは?

カーリングで使用する靴は左右で別々の特性を持たせることで、

ショット時のフォームの安定に役立っています。

つまり、右手でショットする選手は、左足が滑りやすくなっており、

左手でショットする選手は、右足が滑りやすくなっています。

 

さらに、左右非対称の性質をもった靴はスウィープの際にも

大きな役割を担います。

スウィープとはブラシで氷上を掃くことで、

ストーンの方向や位置をコントロールすることを指します。

 

そのため、氷上を素早く動きつつ、しっかりと踏ん張って

氷上を掃くことが必要なのです。

カーリング用の靴であれば、片方でうまく滑りながら移動し、

もう一方で、力強く踏ん張って掃くことが可能となります。

 

もちろん、カーリングで使用する靴は、慣れるまでが大変ですが、

慣れてしまえば、大きな武器になるのです。

 

まとめ

カーリングの靴は左右で性質が異なり、

一方は滑りやすくなっており、もう一方は滑りにくくなっています。

このような仕組みにするのは、ショットの際に片方の足で氷上を蹴り、

もう一方の足で滑る必要があるからです。

 

また、スウィープの際には、素早くストーンの軌道に沿って動き、

ブラシで力強く氷上を掃かなくてはなりません。

そのためには、両方とも同じ性質では、

カーリングの動きについていけません。

 

つまり、カーリングの靴底は左右に別々の性質を持たせることで

選手の強い味方になるのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました