カーリングにおける掛け声「ヤップ」の意味と役割とは?

お役立ち情報
スポンサードリンク

カーリングで良く聞かれるヤップ」の掛け声は「掃け」意味で使われています。
カーリングは、氷上のハウスに向かってストーンをショットするゲームです。
そのため、ストーンの滑りや方向をブラシで
スウィーピングして定めていかなければなりません。

 

ブラシでスウィーピングしなければストーンは止まってしまいますから、
「ヤップ」は非常に重要な意味を持つ掛け声なのです。

カーリングにおける掛け声「ヤップ」の意味とは?

カーリングを観戦していると、「ヤップ」という掛け声をよく耳にします。
「ヤップ」は「掃け」という意味で、ストーンの滑りや方向をコントロールするためには、
とても重要な指示になります。

 

カーリングは1チーム4人で編成され、投げる順番でリード、セカンド、
サード、フォースと呼ばれています。
また、この4人のうち1人がスキップと呼ばれる、
キャプテンとなって、ゲームプランを立てます。

 

つまり、ゲーム中はショットする者、スキップ、氷上をスウィープする者(2人)に
役割分担されるわけです。
そして、各選手がショットする際、スキップはハウス内で
「ヤップ」などの指示を出し、ストーンをコントロールします。

 

したがって、スキップが指示を誤ってしまうとそのチームは劣勢に
立たされることになります。
また、スウィープする者が指示を理解していないと、
スキップが思い描くゲームプランが崩れてしまいます。

 

さらにはショットの力加減や癖、スウィープの強弱など
様々な要素が加わって、ストーンが自在にコントロールできます。
そうなるためには、チーム内の連携を図る、
「ヤップ」などの掛け声が重要になるのです。

カーリングにおける掛け声「ヤップ」の役割とは?

カーリングでは「ヤップ」の他にも「アップ」「ハード」「ハリー」
「クリーン」といった掛け声があります。
「アップ」は「ヤップ」の反対で、「スウィーピングを止めろ」
といった指示で使われます。

 

また「ハード」は強く掃け、「ハリー」は早く強く掃け、
「クリーン」は軽く掃けといった指示で使われています。
カーリングは氷上のチェスと呼ばれ、ストーンをいかにコントロール
できるかが、勝負に大きく関わります。

 

したがって、スキップはこれらの掛け声を駆使しながら
的確な指示を与えることでゲームをコントロールします。
他の3人はスキップの指示を理解し、
「ヤップ」などの掛け声に敏感に反応しなければなりません。

 

オリンピックの時期になるとカーリングは「日本代表で戦わないのか」
といった議論になります。
カーリングの場合、スキップが出す「ヤップ」などの掛け声と
それに反応する選手の息がピッタリと合わなければなりません。

 

つまり、日本代表ではなく、日頃から組んでいるチームでなければ
十分な意思疎通を図ることは難しく日本代表とならないのです。
こういったことからも、「ヤップ」などの掛け声が
とても重要なことがよくわかりますよね。

 

カーリングの他の詳しい情報の記事は下記をご覧下さい!

まとめ


カーリングの試合でよく聞かれるヤップ」は単なる
掛け声ではなく「掃け」といった重要な意味>を持っています。
カーリングの試合ではスキップ、ショットする者、
スウィープする者に役割が明確に分かれています。

 

スキップはキャプテンとしてゲームプランを組み立て、
他の3人に指示を出します。
その1つの掛け声が「ヤップ」であり、その他には「ノー」「ハード」
「ハリー」「クリーン」といった掛け声があります。

 

つまり、これらの掛け声はゲームをコントロールし、
勝利に導く上でとても大切なものなのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました