東京マラソンのペースメーカーは誰が務めるのか?実は五輪代表選手も!

マラソン
スポンサードリンク

東京マラソンでは男子7人、女子3人のペースメーカーが

つきますが、実は、直前まで誰がペースメーカーになるのか

わからないのが実態です。

 

ただし、過去の例から見ると、日本国内外合わせて、

現役のトップランナー招待されることは間違いありません。

 

というのも東京マラソンは、2007年の第1回大会から、

日本人選手の強化を目標の一つとしており、

ペースメーカーの役割も認識しています。

 

そのため、毎年、実績・実力とも十分な選手を

ペースメーカーとして起用し、日本人選手の育成に

寄与しているのです。

2020年の東京マラソンのペースメーカーに
鎧坂哲哉さんが選ばれた!
豪華すぎる!

東京マラソンのペースメーカーは誰が最適なのか?

東京マラソンのペースメーカーを誰にするかは、

基本的に主催者サイドで決めているようです。

 

選考基準は定かではありませんが、いずれにせよ、

東京マラソンに出場すれば、入賞が期待できる選手

あることは間違いありません。

東京マラソンにおけるペースメーカーの報酬はどのくらいなのか?
東京マラソンでは3段階に分けてペースメーカーを配置しますが、彼らには数十万円以上の報酬が支払われていると予想されます。最近、マラソン国際大会では、必ずと言っていいほど、ペースメーカーが先頭集団を引っ張っています。30km付近までとはいえ、世界のトップランナーを相手に走るのですから、アマチュアのランナーではありません。

東京マラソンでは、男女合わせて10人のペースメーカーが

配置され3つのグループに振り分けられます。

 

というのも、東京マラソンでは、世界記録、日本記録、

2時間6分から7分台の3段階をターゲットとして、

ペースメーカーを配置するからなのです。

 

したがって、30km地点までとはいえ、世界記録ペースで

走れるランナーを起用していかなければ意味がありません。

 

ペースメーカーを引き受ける選手からすれば、

次のレースに向けての調整になりますが、

相当な速いペースが求められますので、

大きなプレッシャーがかかります。

 

しかしながら、ペースメーカーを快く引き受ける

ランナーが多いのは高額な報酬が得られることです。

 

マラソンは、他のスポーツに比べて、収入が少ないと

言われていますが、ペースメーカーだと1回あたり200万円

稼ぐ選手もいるくらいです。

スポンサードリンク

東京マラソンの日本人ペースメーカーは誰?

東京マラソンにおけるペースメーカーは、

海外からの招待選手が多いのが

特徴ですが、日本人選手も徐々に増えています。

 

とりわけ、日本人では2017年にペースメーカーを

務めた佐藤悠基選手はロンドン五輪5000メートル、

1万メートル代表です。

 

日本を代表するランナーである佐藤選手が、

井正人選手、下田裕太選手といった期待のホープを

先導する役目を担うのは極めて異例であり、

サプライズでした。

 

佐藤選手にとっては調整の意味合いだったかもしれませんが、

こういった有名なランナーが走ることで、日本人選手に

とって大きな励みになります。

 

このように、東京マラソンは発足当時から、

日本人選手の底上げを一つの目標にして、

様々な取組みを行ってきました。

 

その成果もあり、2018年には設楽祐太選手が日本記録を

更新し、報奨金である1億円をゲットしています。

東京マラソンの優勝賞金はいくら?高額賞金はどこから出てる?
東京マラソンの賞金はいくらでどこから出ているのか、非常に興味深い話題ですが、上位入賞者には主催者から賞金が出されます。また、これとは別に2015年からは、日本記録を樹立した選手に対して、日本実業団陸上競技連合が報奨金1億円を授与しています。

いよいよ2年後には東京オリンピックが開催されますが、

東京マラソンは代表選考レースの一つに予定されています。

ペースメーカーの効果で日本人選手には世界記録を

塗り変えるような快走を期待したいですね。

 

まとめ

東京マラソンには10人程度のペースメーカーが招待されていますが、

誰にするかは主催者サイドで決定しています。

 

選考基準は明らかにされていませんが、東京マラソンは

日本人選手の底上げも目標の一つとしていますから、

トップ選手であることに間違いありません。

 

というのも東京マラソンは、市民マラソンであると同時に、

日本人選手の底上げを目標としています。

そのためには、ペースメーカーの役割はとても大きく

誰でも良いというものではありません。

 

因みにロンドンオリンピックの代表であった、

佐藤悠基選手も2017年にはペースメーカーを

引き受けています。

 

今後の日本人選手の育成のためにも、ペースメーカーを

誰にあるかは、慎重に決めてほしいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました