東京マラソンにおける正しいゼッケンの付け方や位置とは?

マラソン
スポンサードリンク

東京マラソンにおいて、正しいゼッケンの付け方や位置は、

胸のあたりにゼッケンの上辺を合わせ、下辺をおへその上

あたりに合わせるのが一般的です。

 

このゼッケンの付け方だと、ゼッケンの色やナンバーも

よく見えますから、体調不良などのトラブルに遭っても

安心です。

 

また、見ている側からしても、胸元にはっきりとゼッケンが

見えますので、一番カッコいい付け方だと言えます。

東京マラソンのゼッケンの付け方に特別なルールはあるのか?

 

東京マラソンのゼッケンの付け方に特別なルールは

ありませんが、ナンバーがはっきりと見えることが必須です。

 

最もシンプルな付け方としては、胸の中央あたりに

つけるのが一般的ですが、走っている途中で手が当たって

ゼッケンを破ってしまうランナーもいます。

 

こういったランナーは、腕振りが左右に揺れやすい

特徴がありますが、ゼッケンを胸よりやや下に付けると

手に当たることが格段に少なくなります。

 

この場合のゼッケンの付け方は、ゼッケンの中心が

おへそと重なるあたりに持ってくると

ちょうど良いでしょう。

 

また、走っている最中に右手が左右に振れやすい人は、

ゼッケンを左手側に寄せれば右手がゼッケンに触れることが

少なくなります。

 

反対に左手が左右に振れやすい人は、ゼッケンを右手側に

寄せれば、左手でゼッケンを破ることは無くなります。

 

もちろん、ゼッケンを上下左右に動かすことで、

少しでもナンバーがかくれるとNGです。

あくまでもアルファベットを含め、全ての番号が明確に

見えることが絶対条件です。

スポンサードリンク

東京マラソンで走りやすい位置にゼッケンを付けるには?

東京マラソンのゼッケンの付け方で多くのランナーが

迷ってしまうのが、ウェアを着たままの状態で付けるか否かです。

結論からすると、ウェアを着たままの状態で付ける方が、

ゼッケンがよく見える位置に付けることができます。

 

さらに、体の動きにフィットした状態でゼッケンを

付けることができますから、走っている時に邪魔になりません。

 

さて、ゼッケンを付けるためには、安全ピンが一般的であり、

主催者からも配布されていますが、付け外しがとても

面倒なものです。

 

特に、ウェアには穴を開けざるを得ず、時にはサビが

付着することもあります。

 

こういった時に便利なのが「ゼッケン留め」です。

ゼッケン留めは、マグネット式やロック式のものなど様々ですが、

生地を傷めることなく、簡単に着脱することができます。

 

もちろん、何度でも使用できますし、耐久性にも

優れていますので、東京マラソンに参加するのであれば、

ぜひ、使用したいものです。

 

あなたは東京マラソンにおけるゼッケンの色の意味ってご存知でしたか?

もし『知らないよ!』という場合には下記の記事をご覧になら

れてみて下さい。

東京マラソンにおけるゼッケンの受け取り方法や色の意味とは?
東京マラソンにおいて一般ランナーのゼッケンの色は手荷物受渡場所によって区別されています。白が手荷物なし、青が大手町サンケイプラザ、ピンク 丸の内MY PLAZAグリーン、オレンジ、水色 日比谷公園です。また、チャリティーランナーのゼッケンの色は、ゴールドと定められています。

 

まとめ

東京マラソンでは、アルファベットとナンバーが入った

ゼッケンが配布されます。

 

ゼッケンはランナーが体調を崩すなどのトラブル時に身元が

確認できるものですから、胸元のよく見える位置に

必ず装着しなくてはなりません。

 

ゼッケンの付け方は、下辺がおへその上あたりに

来るのが一般的ですが、手が当たって破れてしまうことも

あります。

 

また、走りにくいと感じる場合もありますので、

ウェアを着たままで装着し、

 

ゼッケンの内容が見える範囲で、一番走りやすい位置に

ずらしていくと良いでしょう。

なお、ゼッケンを付ける場合、安全ピンが一般的ですが、

ウェアを傷めますし、装着位置の微調整には向きません。

 

最近では、マグネットなどで留めるゼッケン留めも

発売されていますので、こういったグッズを試すのも

良い方法です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました