路面凍結となる条件って何?気象条件や路面温度がポイント?

路面凍結
スポンサードリンク

路面凍結となる条件には、気温や場所などがありますが、

路面が濡れていることが、絶対条件となります。

通勤やレジャーなどでバイクや自動車を使用する場合、

路面が凍結していると、バランスを失いスリップしやすくなります。

 

こういったリスクを回避するには、日頃から路面凍結時の対策を

考えておくことが必要です。

そして、何より路面凍結の条件を理解し、気象条件や路面温度を予測して

適切な対策を講じることが、安全運転につながるのです。

路面凍結の2つの条件とは?

路面凍結になってしまう大きな条件は2つありますが、

最も大きなポイントは路面が濡れているか否かです。

 

存知だと思いますが氷は水が凝固したものです。

路面に水分が残っていないと、

いくら気温が低くても路面凍結は発生しません。

 

したがって、雨が降った翌日は、路面が乾いていませんから、

路面凍結の可能性は高いと言えます。

積雪時にはすぐには路面凍結ぬなると考えがちですが、

実はこれは違っているのです。

 

地面に降り落ちた雪が水滴となって、路面温度が

低下することによって、

はじめて凍結が始まるのです。

 

加えて路面が濡れているのみならず、路面凍結には路面温度も

大きな条件とになります。

 

水は基本的に0℃を下回ると、凍結が始まりますから、

気温が0℃になると凍結が始まると思いがちです。

 

実はこのことも、大きな間違いで、あくまでも

路面温度が0℃以下であることが

凍結の条件になるのです。

 

ですから気温が0℃を上回っていても路面凍結は

始まるという事になります。

 

そして、気温と路面温度の差を把握しておく必要があります。

基本的に気温は、地面から1.5mの高さの温度を図りますから、

路面温度は3℃程度低くなります。

 

結果的に、気温が3℃を下回るようであれば、

路面凍結が始まると考えて良いでしょう。

 

結論的には、路面凍結を予測するには、

雨の翌日など路面が濡れる状況があるか、

また、路面温度が0℃を下回る要因があるかを

正確に見極めることが大切です。

スポンサードリンク

路面凍結を引き起こしやすい場所とは?

路面凍結を注意しなくてはならない場所としては、

陽の当たらない場所ですね。

橋の上やトンネルの出入り口などが要注意です。

 

路面凍結は、路面が水で濡れており、路面温度が0℃下回ることを条件に

引き起こされます。

 

橋の上は、とても風通しが良いですし、

その下に流れる水面も冷え切ってしまうと、

路面に熱が溜まりにくくなるため、

路面凍結の条件を簡単に満たしてしまうからです。

 

そしてトンネルの出入り口付近は、冷たい風が入りやすいですし、

吹きさらしになるので、路面温度は想像以上に低くなります。

 

加えて、トンネル内は陽が当たりませんので、

走行する車が落とした雪や水滴のせいで、

路面が凍結しやすくなります。

 

この他にも大きな建物に挟まれ、日頃から陽が当たらない場所では、

ビル風の影響もあり路面凍結が起きやすくなります。

 

ここで注意しておかなければいけないのは、気温と路面温度の差が

想像以上に大きいことです。

本来であれば気温と路面温度の差は1〜3℃程度ですが、

上記の場所では、その差が大きくなり、気温にばかり気を取られていると、

思わぬスリップ事故を引き起こすのです。

 

従いまして、橋の上やトンネルの出入り口を含む

普段から陽の当たらない場所では、

外気温に関係なく、路面凍結に注意して運転することが

重要になります。

 

まとめ

路面凍結の条件は2つあり、路面が濡れていること、

路面温度が0℃下回ることです。

 

そして、気温と路面温度は混同しがちですが、

路面温度は気温よりも3℃程度低くなることを

忘れてはいけませんね。

 

加えて、注意しなければいけないのが、

橋の上やトンネルの出入り口、

日頃から陽の当たらない場所です。

 

上記は、気温と路面温度の差が3℃以上と

なりますから、気温に惑わされず、

適切な対応を行うことがポイントになります。

 

路面凍結時に車やバイクを運転する場合には、

こういった路面統括の条件を理解して

適切な対策を講ずることが大切です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました