路面凍結の運転方法!スタッドレスとチェーンのどちらを選ぶのが正解?

路面凍結
スポンサードリンク

路面凍結時にはスリップさせない運転を心がける事が

大事になります。

急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキ」と急のつく動作は

絶対にするべきではありません。

これは路面凍結の運転方法として走行する際の基本になります。

さらに、アクセルを強く踏んでタイヤを空回りさせたり、

ブレーキを強く踏んでタイヤをロックさせたりするのも

やめましょう。

そしてノーマルタイヤまま凍結道路を走行する事は

とても危険な事になります。

 

路面凍結対策にはスタッドレス又はチェーンを

選択することになりますが、どちらも一長一短がありますから、

路面の状況などに応じて使い分けると良いでしょう。

 

積雪などで路面凍結がある場合、ノーマルタイヤで

車を運転するのは、スリップのリスクが大きくなるので、

できる限り回避したいものです。

 

数十年前であれば、路面凍結対策にはチェーンしか

ありませんでしたが、スタッドレスタイヤの登場以来、

その性能は進化し続けています。

 

しかしながら、依然としてチェーンも

販売されていることから、双方のメリットや

デメリットを調べてみました。

スタッドレスが路面凍結に有効な理由とは?

スタッドレスとチェーンを比較した場合、

路面凍結時に効果があるのは、チェーンだと

信じられていましたが、現在ではあまり差が

なくなっています。

 

スタッドレスは1982年にブリヂストンから

初めて発売されましたが、その後、研究が積み重ねられ、

現在ではチェーンと同等、もしくはそれ以上の

性能を発揮しています。

 

路面凍結がスリップを引き起こすのは、

タイヤと凍結面が摩擦されてできる

水膜の影響で、路面からタイヤが

浮き上がることが大きな原因です。

 

スタッドレスは特殊なゴムを用いることで、

水膜に関係なくタイヤが路面に密着しますから、

スリップしないのです。

 

また、チェーンとは異なり、音や振動も少なく、

一度装着すれば、冬の間は着脱する必要はありませんから、

手間がかからないのも大きな魅力ですね。

スポンサードリンク

路面凍結にチェーンが重宝される理由とは?

スタッドレスが発売から30年を経て、

チェーンと同等の性能を得たにも関わらず、

未だにチェーンがなくならないのは、

チェーンにも大きな魅力があるからです。

 

チェーンの一番の魅力は、その価格と耐久性にあります。

スタッドレスは4本のタイヤですから、

必然的に高価になりますし、耐用年数も3年程度です。

 

これに対してチェーンは、タイヤに取り付ける

部品の一つですから、リーズナブルですし、

金属製のものであれば、10年以上使えるものもあります。

 

スリップを防止する点では、とりわけ、

積雪量が多い場合はチェーンの方が

有効ですから、スタッドレスにチェーンを

装着する人もいます。

 

また最近では、金属製のチェーンに加え、

ゴム製や布製のチェーンも発売されており、

スリップを防止する力はやや劣るものの、

簡単に装着できるのが大きなメリットです。

 

したがって、雪の多い地域ではスタッドレスと

チェーンの両方を積雪の少ない地域であれば、

チェーンを選択するのが得策です。

 

まとめ

路面凍結時の対策といえば、スタッドレスと

チェーンが思い浮かびますが、

両方とも開発が続いており、年々高性能になっています。

 

スタッドレスは冬が来る前に装着しておけば、

その期間は着脱する必要もなく、

性能も安定していますが、耐用年数が短く高価です。

 

それに対してチェーンは、安価で耐用年数も長いものの、

積雪のたびに着脱が必要であり、振動や音も大きいのが

デメリットです。

 

そこで、積雪の多い地方であれば、スタッドレスと

チェーンの両方を積雪の少ない地域であれば、

チェーンを用意しておけば困ることはありません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました