路面凍結でスタッドレスなしで走行するには?注意すべきがココ!

路面凍結
スポンサードリンク

路面凍結時にスタッドレスなしで自動車を運転するには、

スリップしないよう速度と急ブレーキ

車間距離に細心の注意が必要です。

 

原則、路面凍結時に自動車を運転することは

大きなリスクを伴いますので回避すべきです。

 

とはいえ、ドライブ中に急な豪雪に見舞われたり、

スタッドレスに履き替えるため、自動車の移動が

必要な場合も想定されます。

 

こういった事態に備え、路面凍結時にスタッドレスなしで

走行するコツを知っておくことはとても大切です。

路面凍結時にスタッドレスなしで走行する際の注意点とは?

路面凍結時にスタッドレスなしでいつもと

同じような走りをしていると、

間違いなくスリップしてしまい、自動車を

コントロールできなくなります。

 

スリップの原因は、凍結した路面にできた水膜が、

タイヤを浮かび上がらせることです。

 

つまり、スタッドレスタイヤは、この水膜を押しつぶすことで

スリップを防いでいるのです。

 

ノーマルタイヤには水膜を押しつぶす機能が

備わっていませんから、いかに水膜に逆らわないよう

走行するかが大きなポイントとなります。

 

そこで大切なのが、急ブレーキや急加速を絶対に

行わないことです。

自動車が走行する際、タイヤに路面の抵抗が

適度に加わることで、スリップしないで前に進んでいきます。

 

ところが、路面凍結の場合、水膜の影響で

タイヤそのものが路面から浮いた状態になるので、

少しの力が加わるだけでスリップします。

 

つまり、タイヤが路面から浮いている状態で、

急ブレーキや急加速を行うと、余計な力がタイヤに

伝わりスリップしてしまうのです。

 

したがって、路面凍結時には、路面から

浮き上がった状態に余計な力が加わらないよう、

徐行運転に徹することが重要です。

スポンサードリンク

路面凍結に備えてスタッドレスを装着する判断基準とは?

路面凍結をしていない状況で、スタッドレスを装着するか

否かを判断する場合、目安となるのは目的地の気温です。

 

雪の多い地域であれば、スタッドレスを履いたままで

冬の期間を過ごすのが一般的ですが、そうでない地域では

状況に応じて判断します。

 

この場合、既に路面凍結していれば、スタッドレスを

装着しますが、全く凍結していない場合だと判断に困るものです。

そこで、目安としたいのが目的地の気温ですが、

路面凍結が起こるのは、地面の温度が0℃前後です。

 

また、気温と地面の温度差は、概ね3℃〜5℃ですから、

気温が5℃以下だと凍結の可能性は高いことがわかります。

 

したがって、目的地の気温が5℃前後であれば

スタッドレスに履き替えるか、タイヤチェーンなどの

対策を講じておくと良いでしょう。

 

また、5℃を下回るようであれば、出発地が凍結していなくとも、

スタッドレスに履き替えておくことが懸命な判断です。

運悪く急な悪天候などでスタッドレスなしの状況で

路面凍結に遭遇しても慌てることはありません。

 

徐行運転を徹底して安全な場所に車を移動させ、

ロードサービスなどに相談すれば、速やかに対処してくれます。

慌ててスタッドレスなしで無理な運転をすることだけは行わないよう

心がけましょう。

 

まとめ

スタッドレスなしで路面凍結に遭遇すると、とても慌てますから、

運転する前に装着するか否かを的確に判断することが重要です。

この時に目安となるのが目的地の気温です。

 

概ね5℃前後であれば、スタッドレスもしくは

タイヤチェーンを持参するなどの

対策を講じておくと安心です。

 

万が一急な天候の変化により、スタッドレスなしで

路面凍結に遭遇した場合は、徐行運転で緊急避難し、

ロードサービスなどに相談すると良いでしょう。

 

慌てて、スタッドレスなしで無謀な運転をすると、

大きな事故に遭いかねませんので、

落ち着いて対照することが大切です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました