カーリングの靴の裏(靴底)に施された工夫ってご存知でしたか?

カーリング
スポンサードリンク

カーリングでは、氷上でバランスを保ちながら

ショットする必要があるため、片方の靴の裏は滑りやすくなっています。

スポーツ選手にとって靴はとても大切なものですが、

とりわけ、カーリングは「滑り」が大切になります。

 

氷上はバランスが取りづらく、滑りすぎても滑らなくても

ショットが安定しません。

そこで、ショットをする利き手と

反対の靴の裏に工夫が促されているのです。

カーリングの靴の裏が左右で性質が異なる理由とは?

カーリングで使う靴の裏は一方が滑りやすく、

もう一方が滑りにくく作られています。

カーリングでショットのシーンを見ていると、

選手が氷上を滑りながら、ストーンをうまく投げ込んでいます。

 

もちろん、一般の靴ではうまく滑るどころか

バランスを崩して転倒してしまいます。

そうならないよう、カーリングで使用する靴には、

氷上でバランスを取るために靴の裏に工夫が隠されているのです。

 

カーリングの選手がショットする際のフォームを見ると、

利き手とは反対側の足を立てて氷上を滑っていることがわかります。

つまり、利き手とは反対側の足で、滑りながらバランスを保つことで

ストーンを上手くコントロールできるのです。

 

そこで、利き手とは反対側の靴の裏を滑りやすくすることで、

ショットの際のフォームを安定させています。

そして、もう一方の靴の裏は、滑りにくく作ってあります。

 

というのも、正確なショットをするためには、

ショットする際に、しっかりと氷を蹴らなければなりません。

さらには、スウィーピングする際しっかり踏ん張るためにも

片方の靴の裏は滑らないように作られているのです。

スポンサードリンク

カーリングで使用する靴の裏の素材とは?

カーリングにおいて正確なショットを決めるには、

バランスの良いフォームをキープすることが大切です。

しかしながら、氷上で下半身を安定させるのは

非常に難しいことから、使用する靴はとても重要です。

 

そのため、カーリングで使う靴の裏は、左右で別々の素材を使っています。

利き手とは逆の膝を立てる側の靴の裏は滑りやすいよう、

テフロンやステンレススチールなどの素材が使われています。

 

これらの素材は摩擦が少なく、単に滑りやすいだけでなく、

適度な抵抗があることで滑らかに滑ることができます。

もう一方の靴の裏は、しっかりと氷が蹴れるよう

安全でバランスが保てる軟質なゴムが使われています。

 

カーリングの選手は、靴の裏に工夫が施された靴を

駆使して競技を行いますが、すぐに上達するものではありません。

左右で全く違った性質をもった靴に慣れるまでには、

相当な時間が必要です。

 

さらには、自由に操れるようになるには、ハードな練習と努力が

必要であることは言うまでもありません。

 

まとめ

カーリングの靴の裏は片方は滑りやすい素材、

もう一方は滑りにくい素材が使われています。

右投げの選手であれば左足の靴の裏は滑りやすく、

右足の靴の裏は滑りにくいといった具合です。

 

カーリングでは、いかに正確にストーンをショットするかが

勝敗に大きく関わってきます。

つまり、思ったところにストーンをショットするには

下半身を安定させたまま氷上を滑ることが必要になります。

 

そこで、左右で性質の異なる靴を用いることになったのです。

しかしながら、靴を履き替えたからといって

ショットが上達するものではありません。

 

正確なショットのためにはカーリング用の靴に慣れた上で、

ハードな練習と努力が不可欠なのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました