ニューイヤー駅伝における花の4区の見どころとは?距離はどのくらい?

マラソン
スポンサードリンク

ニューイヤー駅伝において4区は、7区間中、最も距離が長く

各チームのエースが揃って走ることから花の4」と言われています。

駅伝レースには、必ず「花の◯区」と呼ばれる区間があります。

 

この区間は全区間中、最も長い距離である場合がほとんどで、

レースの勝敗に大きく影響することから、

「花の◯区」と呼ばれているのです。

 

そこで、ニューイヤー駅伝における「花の4区」に

ついてまとめてみました。

 

ニューイヤー駅伝において「花の4区」に注目が集まる理由とは?

ニューイヤー駅伝は群馬県の主要都市を巡る、

実業団ナンバーワン・チームを決める、

7区間、全長100㎞の駅伝レースです。

 

その中で、4区は各チームのエース選手が集う最長距離の区間であり、

優勝を大きく左右する最重要区間であることから、

「花の4区」と呼ばれ注目されているのです。

 

ちなみに、箱根駅伝では2区が最長距離であり、

「花の2区」として注目されています。

 

「花の4区」は伊勢崎市役所をスタートし、

大田市役所でゴールとなる、全長22.4㎞のコースです。

4区の前半は緩やかな下り坂が続き、反対に後半は

緩やかな上り坂が続きます。

 

ニューイヤー駅伝なぜ群馬県で開催?開催地を群馬に移したのはいつ?
ニューイヤー駅伝が群馬で開催されるのは、①電波の中継地が赤城山エリア1箇所で済むこと。②群馬県が誘致に積極的であったこと。の2点が大きな理由です。ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並んで、日本のお正月には欠かせない駅伝大会ですよね。

 

箱根駅伝の5区のように急な上り坂がある訳ではなく

どちらかというと地味なコースに感じますが、だからこそ、

ランナーの真の実力が試される区間と言えるのです。

 

現時点での区間記録は箱根駅伝でも活躍した設楽悠太(Honda)選手が

60回大会(2016年)で記録した1時間0245秒です。

 

実は、4区はこの後に一部コース変更が行われ、

22㎞→22.4㎞となっているため、設楽選手の記録は

参考記録扱いとなっていますが、素晴らしい記録であることに

変わりありません。

スポンサードリンク

ニューイヤー駅伝において「花の4区」が生まれた経緯とは?

ニューイヤー駅伝で4区が、「花の4区」と呼ばれるようになったのは、

2009年大会からです。

それまでは、2区が22㎞の最長区間でしたが、2009年に

大幅な区間の見直しが行われたため、4区が最長区間になったのです。

 

区間の見直しにおいては、従来の2区を分割して新区を8.3㎞、

3区を13.7㎞としました。

さらに従来の3区と4区を統合し、4区は22.3㎞の

最長区間に生まれ変わり、「花の4区」と呼ばれるようになったのです。

 

この大幅なコース変更の背景には外国人選手の出場問題がありました。

それまで、外国人選手は距離の長い2区と5区以外であれば、

どの区間でもエントリー可能でした。

 

ニューイヤー駅伝の外国人枠!区間距離や日本人選手の影響は?
ニューイヤー駅伝の外国人枠は2区に限定されており、毎年、外国人選手のし烈な戦いが繰り広げられています。ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並ぶお正月の人気スポーツイベントです。チームの優勝を大きく左右する、外国人枠の扱いについてまとめてみました。

 

ところが、あまりにも日本人選手との実力差があったため、

外国人選手が強いチームが優勝を大きく左右するようになったのです。

 

これでは、本来の実業団駅伝の姿ではなくなることから、

外国人枠を固定する区間を作ることとなり、その結果、

4区が最長区間となったのです、

 

「花の4区」には、箱根駅伝でも活躍した

有力選手が名を連ねており、中でも現区間記録保持者である

設楽悠太選手の活躍には目を見張るものがあります。

 

駅伝が日本の長距離界に悪影響を与えている

いった意見もありますが、設楽選手にはこういった意見を

跳ね飛ばすくらいの更なる飛躍に期待したいものです。

 

ニューイヤー駅伝に優勝すると賞金はあるのか?選手の目的は?
ニューイヤー駅伝の賞金は、スポンサーである山崎製パンから賞金並びに自社製品3,000個相当となっており、具体的な金額は示されていません。その他には開催年によって異なるものの上位チームには群馬県の特産品、区間賞には群馬県の旅館宿泊券が贈られています。

まとめ

ニューイヤー駅伝において4区は7区間中最長区間であり、

各チームのエースが集うことから「花の4区」と呼ばれています。

4区が最長区間となった背景には外国人選手のエントリー問題があります。

 

外国人選手は実力が突出しているため、ニューイヤー駅伝の勝敗に

大きな影響を与えることから、最短区間を設定し、

そこに固定することとしました。

 

そのため、大幅なコース変更が必要となり、

旧3区と旧4区を統合した、新たな4区が最長区間となったのです。

 

いずれにしても、ニューイヤー駅伝において「花の4区」は

最も注目される区間であり、ここから有力選手が生まれるのを

期待したいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました