ニューイヤー駅伝なぜ群馬県で開催?開催地を群馬に移したのはいつ?

マラソン
スポンサードリンク

ニューイヤー駅伝が群馬で開催されるのは、

①電波の中継地が赤城山エリア1箇所で済むこと。

②群馬県が誘致に積極的であったこと。

2点が大きな理由です。

 

ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並んで、

日本のお正月には欠かせない駅伝大会ですよね。

 

全国の駅伝ファンのみならず、普段は陸上競技に興味がなくても

ニューイヤー駅伝は見逃せないといった人も少なくありません。

そこで、なぜ群馬でニューイヤー駅伝が開催されるのかについて、

詳しく調べてみました。

 

ニューイヤー駅伝の中継に群馬が適している理由とは?

ニューイヤー駅伝がなぜ群馬で開催されるのか?

その答えの一つが、中継地が赤城山の1箇所で済むことです。

 

そもそも、なぜ中継地が必要なのでしょうか?

 

ニューイヤー駅伝の正式名称は、全日本実業団対抗駅伝競争大会です。

文字通り、実業団のナンバーワンを決める大会であり、

1957年に第1回大会が開催されていますから、実に

50年以上の歴史がある由緒ある駅伝大会です。

 

これは、箱根駅伝にも言えることですが、テレビの力は絶大で、

日本で最高峰の大会ながら注目を集めるようになったのは

テレビ中継が始まった1988年からです。

 

ニューイヤー駅伝に優勝すると賞金はあるのか?選手の目的は?
ニューイヤー駅伝の賞金は、スポンサーである山崎製パンから賞金並びに自社製品3,000個相当となっており、具体的な金額は示されていません。その他には開催年によって異なるものの上位チームには群馬県の特産品、区間賞には群馬県の旅館宿泊券が贈られています。

 

元々、ニューイヤー駅伝は30回(1985年)までが三重県の伊勢、

31回(1986年)が滋賀県の彦根で12月下旬に開催されていました。

 

そこから、テレビ中継が開始された1988年(第32回)に

開催地を群馬に移し、開催日も1月1日に固定し、

ニューイヤー駅伝として生まれ変わったのです。

 

生まれ変わったニューイヤー駅伝は、群馬県庁をスタートし、

群馬県南部の主要都市である前橋、高崎、伊勢崎、太田、桐生市を

1周する7区間100㎞のコースです。

 

ニューイヤー駅伝はなぜシード制を廃止したのか?選考会や予選枠について!
ニューイヤー駅伝におけるシード制については、第53回大会(2009年)から廃止され、各予選で上位に入賞しなければ、本線には出場できなくなりました。さて、ニューイヤー駅伝の正式名称は、「全日本実業団対抗駅伝競走大会」です。

 

そのため、全区間を中継しようとすると、場所によっては

中継地を複数必要とし、莫大な経費がかかります。

今でこそ、ニューイヤー駅伝は高い視聴率を誇る人気番組ですが、

放送開始前は、視聴率を危ぶむ声も少なくありませんでした。

 

ところが、群馬であれば、山地が近いため、中継地は

赤城山の1か所で済むので、コスト的なメリットがあるのです。

これが群馬での開催が続いている理由です。

スポンサードリンク

群馬県人はニューイヤー駅伝に協力的である理由とは?

駅伝大会を成功させるには、開催地の協力がとても大切です。

その点、群馬県人はニューイヤー駅伝の開催に協力的です。

これが、群馬でニューイヤー駅伝が開催される二つ目の理由です。

 

群馬と言えば、元内閣総理大臣中曽根康弘氏の地元ですが、

ニューイヤー駅伝の誘致には息子である中曽根弘文氏が

尽力しています。

 

群馬において、中曽根康弘氏、弘文氏の人気は絶大ですから、

「支援しないわけにはいかない」

というのが群馬の人々の心情ではないでしょうか。

 

その結果、ニューイヤー駅伝は群馬県の全面協力のもと

開催されており、運営側と良い関係を築いているようです。

 

もちろん、コースの形状や警備面でのメリット、

穏やかな天候も駅伝大会の会場としては非常に適しているのは

言うまでもありません。

 

ニューイヤー駅伝の外国人枠!区間距離や日本人選手の影響は?
ニューイヤー駅伝の外国人枠は2区に限定されており、毎年、外国人選手のし烈な戦いが繰り広げられています。ニューイヤー駅伝と言えば、箱根駅伝と並ぶお正月の人気スポーツイベントです。チームの優勝を大きく左右する、外国人枠の扱いについてまとめてみました。

まとめ

ニューイヤー駅伝と言うと「なぜ群馬で開催?」と

思う人も 少なくありません。

群馬県は山地が近く、電波中継地が赤城山の1か所で良いことから、

テレビ中継に適しています。

 

また、ニューイヤー駅伝を誘致したのが、地元出身の

中曽根弘文氏であり、群馬県全体で運営に非常に協力的です。

 

こういったメリットがあるからこそ、1988年の第32回大会から

30年もの長期にわたってニューイヤー駅伝は群馬で

開催されているのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました